スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

非難するわけではなくて、純粋な疑問。  

競馬に熱中していた一頃に比べて、今は競馬に対して丸くなった。競馬界で起こるどんなことにも、あまり牙を剥いた考えを持つことはないし、辛辣な意見を持つこともない。だから今回もこれと言って意見があるわけでもないし、異議を唱えたいというわけではない。ただ、純粋なる疑問だ。先日交流重賞のダイオライト記念を勝ったスマートファルコンについてである。すでにネット等では賛否両論、侃々諤々。相当な議論が交わされている。議論の主軸は一つ。「何故、中央所属の馬なのに中央GIには出ないのか」ということだ。スマートファルコンの戦績を振り返る。
デビューは2007年10月28日、東京競馬場のダート1600m。ダートデビューだったとはいえ、ジュニアCに勝ったり、共同通信杯を使っている感じを見ると、当面の目標はクラシック路線であったことは間違いない。現に皐月賞まで駒を進めている。だが、ここで18着殿惨敗。ダービーTRに向かってダービーを目指すこともできたが、完膚なきまでに負けた皐月賞が尾を引いたのか芝を諦め、ダート路線一本に絞る。次走は大井競馬場で行われた3歳交流GI、ダービーグランプリ。元々高かったダート適正で2着に好走。やはりダートが主戦場であることを認識したと思われる。その翌走は小倉競馬場のKBC杯で、ここを勝って4勝目をあげた。
一般的なダート馬(その定義は曖昧だが)、この後目指すはJCダートということになる。一息入れて、エルムSからJBCクラシックあたりを経緯して、本番というのが中央ダート組の王道ローテーションだろう。しかし、スマートファルコンは表舞台から姿を消す。地方交流路線をひたすら走りまくる。約2年半で地方交流19戦14勝。途中には6連勝や交流GIのJBCクラシックや東京大賞典も含まれているので内容もある。本格化しているのは間違いない。だが、この間にただの一度としてフェブラリーSにもJCダートにも出走していないのだ。「何で出ないの?」これが違和感である。

かつては中央ダート路線が整備されていなかった頃、ホクトベガが地方交流に活路を見出したことがあった。知人は「日本における20世紀最強のダート馬」だと評しているが、それだけの馬でもダートレースの少なさに時折不毛と思われる芝レースに出走し、無駄な敗戦を重ねなければならない時代だった。だからこそもし現代にいたら、さぞ喜んで中央ダートで走りまくったことだろう。
また、もしかりにスマートファルコンほどの成績を残している地方馬がいたら、大手を振って中央に殴りこんでくるはずだ。

フェブラリーSにもJCダートにも目をくれず、ただひたすらに地方交流を走り続ける理由は分からない。ネットでは賞金稼ぎが目当てだろうというような事が書かれている。それが悪いことではない。しかもそれならば、賞金が高い中央GIを目指さないと筋が通らない。賞金以外に何かあるのではないか?
まだまだ元気な6歳馬。今秋は中央の舞台でスマートファルコンの勇姿が見られるのだろうか。今年のJCダートに出てこないようならば、その時は改めてブログで意見を書きたいと思う。
スポンサーサイト

Posted on 14:04 [edit]

category: 競馬

コメント

重賞14勝はJRA所属馬の最多記録らしいです。
ということで、ふと思いついたんですが、記録のためのローテーションなのでは?
この馬は高額賞金レースでも十分勝てる能力がありますし、あえて対戦を避けねばならない相手もいないはずです。
賞金、距離、コース、出走メンバーにはあまりこだわらず、効率的に勝利数を増やすことだけを追求した日程を守ってきたのかもしれません。
フェブラリーSやJCダートはたまたまその日程に合わなかったんで出走しなかったと。
考えすぎかな?

URL | p4p. #tS/D58TE
2011/05/05 14:51 | edit

>最多重賞記録
そうなんすか。知らなかった。記録更新のためのローテという可能性もあるっちゃあるのかな。ギネスでも狙うつもりでしょうか。ただ、フェブラリーやJCダートでも勝負できる能力がありながら勿体無いな。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2011/05/05 15:02 | edit

問題なのはダート競走、そして地方競馬がいつまで経っても裏街道扱いである現状ではないかと、私は思います。
中央競馬にはダートG1は古馬の2戦。それに両方体調管理が難しい冬。さらに片方は芝スタート。
交流には2歳戦も3歳戦も牝馬限定戦もあり、勿論芝コースを走るレースはありません。
南部杯→ジャパンブリーダーズC→ジャパンCダート→東京大賞典→川崎記念→フェブラリーSと続く秋冬の古馬ダートG1戦線で、ジャパンCダートとフェブラリーSをスキップする選択があっても不思議ないのではないでしょうか。
間に浦和記念や名古屋グランプリなどのG2もありますし。
中央競馬にダートG2が東海Sしかない以上、交流重賞を走り続けるローテーションは否定できるものではないし、決して裏街道ではないと思います。

URL | Heaven #-
2011/05/06 18:33 | edit

>Heavenさま

スマートファルコンが地方馬だったら、そんな選択があっても誰も不思議には思わないでしょう(いや、中央に挑戦というムードが逆に高まる?)。問題というか疑問なのは、一応中央所属馬なのに、何故、ここまで作為的と思われても仕方ないほど中央のレースに出ないのかということです。

裏表の議論は個人的な見解もあると思います。近年はろくな馬が来ませんが、JCダートは国際GI。そんな大舞台で、スマートファルコンの勇姿を見たいというファンが多いのも事実でしょう。
当馬がこうしたローテで走り続けることで、中央ダートGIの施行時期に対する無言の訴えをしているとすれば、それはそれで凄いことだと思いますが……。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2011/05/07 01:23 | edit

ふと思ったんですが。

スターホースを見る機会が少ない地方のファンにとってはスマートファルコンみたいな馬の存在はありがたいかもしれません。

JBCの開催を地方だけで回さず、数年に1回は中央で開催して、中央のファンにもっと認識してもらうようにすれば、ダート競走の地位向上につながると思います。

URL | p4p. #tS/D58TE
2011/05/11 04:24 | edit

横から失礼します。
〉p4p.様。
仰る通りだと思います。
私自身、ホクトベガが川崎競馬場に来た事がきっかけで地方競馬に興味を持ち始めました。
川崎のG1を勝ったアグネスワールドやユートピアが後に海外で活躍した例もあり、地方競馬が必ずしも競走馬の転落コースとは限らないという実証もあるのですが…。
でも実際はトランセンドがドバイ2着になった後、アメリカ転戦を望む声が多い中で、日本のダートレース、ましてや地方競馬なんて走る必要がないという声が混じっているのが現状のようです。

強い馬が地方競馬を走るのが当たり前になる日が、いつか来ればいいのですが。

URL | Heaven #-
2011/05/13 17:25 | edit

> Heaven様

才能のある馬が世界で成功するまでの過程として地方競馬を走るのは大いにありだと思います。
将来のスターホースを近くのローカル競馬場で見れるとファンとしては嬉しいので。

が、世界で結果を出した馬があえて地方に戻るメリットがあるのかと考えると、トランセンドは今後地方で走る必要がないという意見に同意します。
ダートならアメリカ遠征、日本に残るなら再度芝に挑戦してほしいです。

日本競馬は芝 > ダート。
ダートはアメリカ > 中央 > 地方。
強い馬が進むべき道は明らかです。

これを変えるには、強い馬がダートを走らざるを得ない番組作りをする必要があると思います。

三冠は、皐月賞をダートで。
牝馬三冠は、秋華賞をダートで。

古馬のレースは、芝とダートを対にします。
春天は芝、秋天はダート。
宝塚記念はダート、有馬記念は芝。
JCは芝、JCDはダート。

芝もダートもこなせる馬が真の強い馬という認識になって、ダートのビッグレースの前哨戦として強豪馬が地方のグレードレースに出走するようになると思います。

URL | p4p. #tS/D58TE
2011/05/19 15:47 | edit

〉p4p.様。
コメントありがとうございます。そしてお返事に気付かずコメント遅れた事すみません。
メリット。確かに強い相手と戦い続ける事に比べて、地方を走る事には無いと思います。
これから、という話になりますが、現在地方競馬も海外馬の出走が認められています。ジャパンCダートに外国馬が集まらない中で、もし地方競馬に外国馬が集まれば、そして地方競馬の存在が見直されれば中央芝偏重も少しは改善されるかも知れません。
その為には課題も勿論多いです。少なくとも中央より魅力が無いと外国馬も集まりません。
その為にはやはりお金。お金の為には売り上げ、集客。その為には中央馬のスターホースの参戦。となると現状では芝のスターホースの参戦は考えづらいので、トランセンド等のダートのスターホースに地方競馬を走ってもらいたいのです。
そして盛り上がってくれば、タカアキさんのレッドデイヴィスの記事にあったような「システム自体の変更」もダートに起こってくると思うのです。
まるで生贄みたいな扱いになってしまっていて、挑戦する事と秤にかければ後者の方が夢も理もあります。
ただそんな中、国内、地方を選び盛り上げてくれる選択を非難されるのが、少し悲しいです。

人様のブログの記事での、ましてや本文から逸脱した内容の長文大変失礼致しました。
それでも大変意義ある意見の交換ができた事、感謝しております。ありがとうございました。

URL | Heaven #-
2011/05/29 03:23 | edit

Heaven様

タカアキさんの場所をお借りして勝手なことをだらだら書いてしまって申し訳ないとは思っているのですが、日本競馬の話をする場所がここしかないもので、僕のコメントに返信してくれるのは非常に嬉しいです。

外国馬を集める、中央のスターホースに出走してもらう。
確かに一時的に(というか、そのレースだけ)は注目されると思います。
しかし、定期的に、長期にわたって有効な方法であるかは疑問だと思います。
そこには地方側の都合しか存在していないからです。
なんで地方競馬の発展のために海外や中央のスターホースが身を切らねばならんのだ?
まさにHeavenさんの仰る「生贄」です。

結局のところ、地方競馬を盛り上げるためには、地方競馬自体が強くなるしかありません。
地方の馬が強くなって、中央の馬がダートグレードレースでなかなか勝てなくなると、メディアにもファンにも関係者にも「地方で勝ってこそ本物」という意識が生まれると思います。

もちろん、中央のスターホースが地方を走るという決断をした場合には、それは尊重されるべきで、「地方で走っても意味はない」と批判するつもりは全くありません。もちろんアメリカ在住者としては「アメリカで走ってほしい」という気持ちはありますが。

URL | p4p. #tS/D58TE
2011/05/29 14:01 | edit

〉p4p.様
地方競馬自体が強くなる事。まさに命題だと思います。「何年かに一度」の大物ではダメなんですよね。
外厩制。施行されてすぐ登場したコスモバルクには期待しましたが、後が続かなかった上、ダート馬は出現してない。
中央が頑なに認めなかった外国在住馬主権。南関東で認められ、ダーレーが船橋に拠点を置き、現在も中央馬に劣らないフリオーソが出てきた時は中央と地方のパワーバランスが崩れるかもと期待しましたが、パート1昇格後は馬主資格を認め、フリオーソでは一度もなかった来日はデボネアで果たされました。
1日複数G1(JBC)や複数競馬場によるスーパースプリントシリーズ(中央にはない全レース1000メートル未満)など独自のレースを用意するなど、地方競馬も手を拱いている訳ではないのですが、なかなか一朝一夕にはいかないですね。

あ、「地方競馬出走の選択を非難する」のくだりですが、勿論p4p.様がそうだとは思っていませんよ。まさにこのタカアキさんの記事のスマートファルコンやトランセンドの情報を集めようとネットを巡ると、どうしてもそういう非難を目にするのもので。その風潮を嘆いただけのものですので、聞き流していただけたら、と思います。

URL | Heaven #-
2011/05/29 14:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/979-370e27d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。