スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

21.あゝ荒野  

僕が尊敬してやまない寺山修司の異色長編小説。ジャズ形式で小説を書くという、いかにも寺山らしい実験的な取り組みである。内容は寺山節炸裂といったアングラ色満載で、にわかには分類しがたい。エンタテインメントとも言えるし、詩的とも取れる。万人受けしないことは間違いないだろうが、寺山ニアには堪らない世界観。かなりのページ数だったが、一気に読破してしまった。
ただ惜しむらくは、段落ごとに様々な写真が挿入されていることだ。世界観に合った新宿界隈の写真なのだが、このせいで本自体でかくなってしまっているのだ。どうせならば、2冊組にするか、文と写真のページを分けて欲しかった。
だが、掛け値なしに面白かった。
1blog_20[1]
スポンサーサイト

Posted on 19:25 [edit]

category: 本棚

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/975-85a33f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。