スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

6.空想自然科学入門  

SF熱の勢いで買った、大家アイザック・アシモフが記した科学エッセイ集。学生時代は非理系だったのに、最近になってちょっと理系ずいている。絶賛放映中のドラマ「SPEC」の影響もあるかな。21世紀のドラマで一番面白いと思っている。

さて本の内容は、生物学・化学・物理学・天文学の四部構成で成っている。どの分野も学生時代は苦手な学問で、授業のほとんどは寝て過ごしていた。物理に関しては習ったことすらない(選択科目の関係で授業を取ったことがない)。
もし学生時代にこの本に出会っていたら、もう少し科学を好きになっていたかもしれない(得意になれたかどうかは分からないが)。無論、科学の専門書というわけではないので、学問に役立つわけではないが、科学への入口としては非常に有用である。博識でも知られるアシモフ博士が、その知識をフル稼働して科学を愉しく解説しているので、科学アレルギーの方でも構えないで読めると思う。

アシモフが書いたロボットもの、「われはロボット」も読み応えがあった。こちらもお薦めである。
51rdTo+TPzL._SS500_[1]
スポンサーサイト

Posted on 23:15 [edit]

category: 本棚

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/944-4cbe6d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。