スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

期待度ランキング。  

今期POG指名馬10頭を紹介し終えた。という事で、牡馬牝馬別に10頭の期待度を紹介する。

■牡馬
1位タイムウィルフライ
2位インディーグラブ
3位タイソンバローズ
4位テイエムモーション
5位キングジャズ

各馬の紹介記事でも書いたが、エース級だと考えているのはタイムウィルフライ。クラシックを期待している。ついでディープ産駒のインディーグラブ。新種牡馬は未知数だけにどうかと思うが、ディープの仔は走るならば牡馬だと思う。根拠はないが。やや血統的に重いかなとは思うが、2勝位はして欲しい。というかデビューして欲しい。3位はもしかしたらもしかするFL産駒のタイソンバローズ。初年度の奇跡が再び起これば、クラシックに乗ることも夢ではない。夢といえばテイエムモーション。1勝したら宴である。これが重賞、GIなんて勝とうものならば、父の、母の夢を再び見る。キングジャズは無難な感じに選らんだだけに取りあえずデビューが目標だが、母父ダンスインザダークでPOG向きかは?である。何故指名したのだろうか。

■牝馬
1位カラヴィンカ
2位スターコレクション
3位オールドアメリカン
4位ドナウブルー
5位ファンシービビッド

牝馬はもはや期待というか希望でしかない。とにかくBernardiniの仔に走ってもらいたいという願い。色々な意味で鮮烈だったプリークネスSは忘れられないのだ。ダートでも構わない。二位はかなり安定株と目論んでいるスターコレクション。この血統でこの厩舎ならば、デビューさえすればクラシックには乗ってくるだろう。3位は新種牡馬ハーツクライ産駒のオールドアメリカン。僕は牝馬に限れば、ディープよりもハーツの仔が走りそうだと直感している。理由はないが、直感である。そして4位はディープ産駒のドナウブルー。1勝を目指せという感じ。最下位のファンシービビッドは走ればラッキー、走らなければまあ仕方がないという位置づけ。僕のファルブラヴ好きのお遊びかもしれない。

1年後、獲得ポイントがこのランキング通りだったら、それはそれで相馬眼があるということか。各馬のデビューが待ち遠しい。
スポンサーサイト

Posted on 00:10 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/925-80ffc486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。