スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダービー反省記事。  

エイシンフラッシュは確かに強かったが、「まさか」という印象の方が強く、いまだにその感覚が拭えないでいる。確かに休み明けの皐月賞で3着、ひと叩きしたダービーで優勝というのは何ら不思議はないのだが、どういうわけかしっくりこないのだ。
管理する藤原英調教師は、僕も応援しているトレーナーで、POGでもよく師の管理馬を指名する。実力もあるし、いずれはトップトレーナーになるだろうという声も聞く。騎手の内田は言わずもがな、腕は確か。馬主のエイシンは牡馬クラシックは今回が初にしろ、過去には数々の名馬を所有してきた。生産者にいたっては天下の社台グループである。この馬の背景だけを羅列すれば、ダービー優勝に相応しい「それ」を持っていたと言えるだろう。しかし、どういうわけか「地味」なのだ。この地味さが、僕自身がしっくりこない理由なのである。
今年は、どこら辺を指してなのか解かりかねるが「最強のダービー」と噂されていた。皐月賞馬ヴィクトワールピサを筆頭に、二歳王者ローズキングダム、無敗の青葉賞馬ペルーサ、良血ルーラーシップ、NHKマイルを驚愕のレコードで駆け抜けたダノンシャンティ(回避)などなど、確かに時代が時代ならば各々が主役を張って不思議ではない馬が揃っていた。しかし、そういう状況と「最強」とは結びつかない。いわゆる乱世、戦国ダービーという類なのだろうが、いささか使い古されたフレーズだけに、どこかの誰かが「最強のダービー」と呼び、それが広まったという程度だと推測する。何より、最強のダービーが存在するならば、最弱のダービーも存在することになる。それはいささかその時のダービー馬に対して敬意を欠いているし、関係者にも失礼というものだ。
いささか話が逸れたが、エイシンフラッシュである。この馬は重賞も勝っているし、大きく成績も崩れていない。しかし、売りはその安定さだけだった。派手に名乗りをあげてきた馬たちの影に、完全に隠れた。皐月賞が休み明けでなく、弥生賞かスプリングSあたりを使っていれば、また違った評価にもなっていたかもしれないが、ダービー出走時は完全なる伏兵、失礼を承知で書けば脇役だった。そんな脇役が、本番で自分の配役を蹴って、主役になってしまったのだ。エイシンフラッシュの実力に疑う余地は何らない。素直に讃えているし、ここまで仕上げたスタッフ一同は素晴らしいの一言に尽きる。ただ、僕自身のダービー感想紀としては「狐につままれた感じ」ということになる。

その他の馬について。まずはやっぱりペルーサ。出遅れた時点で「やばいな」とは思った。地獄のスローペースで道中最後方、3コーナーあたりから進出を始めたが、明らかにチグハグなレースをした印象。初のGIで舞い上がっていたらしいが、馬鹿を言っちゃいけない。そうしたのは陣営の選択。クリアできる自信があったからのローテーションでしょう。言い訳にはならない。これを機に藤沢陣営は青葉賞→ダービーのローテーションをやめるべきだろう。と同時に、今後青葉賞組は買わない方向で。
ヴィクトワールピサはよくわからない。レースに向けた岩田のインタビューを放映していたが、本番当日でもあるまいに気負いすぎた印象を受けた。昨年も一番人気に乗って負けているので、リベンジしたい気持ちはわかるが、あれだけ目が虚ろじゃ……。馬よりも人が入れ込んでいたか。ローズキングダムは逆に、歩くほどのスローペースが功を奏した。エイシンとともに32秒台の上がりを出したわけだが、これ、2400メートルのレースか?恐らく菊花賞には行かないだろう。マイル、あるいはスプリント路線などを目指したら化物かもしれない。
ヒルノダムールもペースに泣いた。競馬中継で、元ジョッキーの細江とエイトのヒロシが共に本命の時点で危ないとは思ったが、やはり飛んだ。そんなに旨い話はない。買った馬の中で意外に頑張ったのはゲシュタルト。目の付け所は良かったが、馬券にはならなかった。

蛇足になるが、父親は最後の最後でローズキングダムを切り、ペルーサに変えて憤死した。弟も本線でエイシンフラッシュ、ヴィクトワールピサを買いつつ、相手がペルーサで死亡。二人とも巧いんだか下手なんだか。まあ、僕よりはよっぽど巧いとは思うが。
スポンサーサイト

Posted on 19:13 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 4

コメント

ローズキングダムは神戸新聞杯→菊花賞だそうです。
ペルーサはセントライト記念から天皇賞秋と両睨みとの事。
ダービーであれだけスローだったので、当然のように菊花賞もスローとなるでしょう。
となると問われるのはG1を走り切る精神面のスタミナと経験。ローズキングダムで大丈夫でしょう。
ただ、あくまで2、3着候補ですが。鞍上小牧もありますし。
京都なら武豊に戻るヴィクトワールピサもそこそこには。
ダービー馬は遠征希望みたいです。

URL | Heaven #-
2010/06/01 22:19 | edit

トップグループが10頭ぐらい(あるいはそれ以上)いる実力伯仲世代かなという印象です。

皐月賞組ではヴィクトワールピサが一枚抜けているという世間の評価については「はぁ???」って思ってました。
道悪の中山で内を突く勝ちっぷりは、もし人気薄だったら「馬場に恵まれた」「良馬場で真価が問われる」とか言われていたはずです。
今回、良馬場での切れ勝負にもかなり対応できるところを見せてくれました。

藤沢調教師が青葉賞を重視する理由がわかりません。
皐月賞→ダービーは、中5週で2000mと2400m。
青葉賞→ダービーは、中3週で2400mを2本。
後者の方がきつそうで、「馬に負担をかけないように」という彼のポリシーと矛盾するローテだと思います。
馬への負担を少なくするなら、まずは皐月賞で、もし馬に余裕があればダービーというローテになるのでは?
ドバイの殿下はUAEダービーからケンタッキーダービーにこだわってことごとく失敗していますが、それはUAEダービーの権威を上げるという目的があるからだと思います。
藤沢調教師には青葉賞の権威を上げるという使命はありません。なのになぜこだわる?

ゲシュタルト、買ってたんですか。
人気と実績を考えると、この馬が一番の狙いどころだったと思います。
馬券にはなりませんでしたが、見る目はあったということで。

ダノンシャンティがどんな走りをするか見たかったです。

URL | p4p. #tS/D58TE
2010/06/03 01:56 | edit

>Heavenさん
ペルーサは何のかんので、菊花賞には出ないでしょうな。あれ、ロブロイは出たんだっけ???

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2010/06/07 17:56 | edit

>p4pさん
青葉賞→ダービーというローテへのこだわりは、もはや意固地になっているのかもしれませんね。
かつては厳しいと言われていたNHKマイル→ダービーというローテも克服されて、次は青葉賞からだ、と。だとすると、付き合わされる馬はたまったもんじゃありませんが。

今年のレースに限れば、ダノンシャンティが出走していたら、馬券に絡んできたような気がします。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2010/06/07 17:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/911-3a46dc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。