スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

時代は変わったのでしょうか。  

弥生賞はヴィクトワールピサが完勝した。初めてまともにレースを観たが、意外に強いなと思った。そのヴィクトワールピサを新馬戦で破ったローズキングダムが2歳王者。どうやらこの2頭を中心に、今年のクラシックは展開されていきそうである。
僕ががっつり競馬をやっていた時分とは時代が変わったなと痛感する。まずローズキングダム。言わずもがなの薔薇一族の出。人気の一族ではあったが、GIには縁がなかった。最後の一押しが足りないのか、運がなかったのか、そういう運命だったのかは知らないが、どういうわけかGIを勝てなかった。そんなジンクスをぶっ壊したのがローズキングダムである。朝日杯優勝時は「薔薇一族の悲願」と騒ぎ立てられた。
ついでヴィクトワールピサ。これは「ピサノ」の冠名でお馴染みの市川義美氏。過去、結構な良血馬を要してきたがことごとく走らなかった。無論、重賞を勝った馬はいたが、GIでは「用なし」が通説だったように記憶している。ヴィクトワールピサにしてもGIを勝ったわけではないから楽観はできないが、取りあえず主役として舞台に立つ資格は得た。馬主の格を挙げることができるか、やはりと貶めることになるか、本番が楽しみである。
スポンサーサイト

Posted on 17:08 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/868-25b7b2be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。