スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

すげー母。  

今さらながら、昨年のBreeders' Cupの映像を見た。牝馬のZenyattaがクラシックを勝ったり、これまた牝馬のGoldikovaがBCマイルを連覇したり、見所たっぷりだった。そんな中、最初聞いた時に気にはなったものの、ここまで放置していたことが一つ。BCマラソンについてである。
勝ったのはアイルランドのMan of Ironという馬。レースを見たが、ゴールするまで2着馬との一騎打ちが続き、フィニッシュ時も際どいレースで、中々の熱戦だった。父Giant's Causewayで、その父が手に入れることができなかったBCの栄冠を息子が手に入れた(GIではなかったが)。孝行息子だが、何よりも驚いたのが母のBetter Than Honour。当ブログでも何度と取り上げてきたが、超一級の繁殖である。

Jazil---父Seeking the Gold、Belmont Sを制覇


Rags to Riches---父A. P. Indy、Kentucky Oaks、Belmont Sを制覇


カジノドライヴ---父Mineshaft、Peter Pan Sを制覇


Man of Iron---父Giant's Causeway、BC marathonを制覇

子供らが次々と大きなステークスを勝利しているのだ。日本にもダンシングキイやベガなどがいるが、活躍しているのはみなSS産駒ばかり。SSの力が大きいともいえるだろう。一方のBetter Than Honour。ここに挙げた4頭はみんな父親が違うのである。こんな繁殖牝馬、中々いない。その証拠に、繁殖のセリに出されて、最高額の14億ドルで落札されたそうだ。世界は広い。血統は奥深い。
スポンサーサイト

Posted on 18:36 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/851-95c444f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。