スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

阪神JF解体新書~4.脚質~  

阪神JF大解剖も第4回に突入。いよいよ佳境に入ってきた。今回は対象馬の脚質に注目してみる。

ここでは4コーナー時点での位置で、以下の通りに分類する。
1番手…逃げ
2~5番手…先行
6~9番手…差し
10番手~…追い込み

この分類に沿って、過去8年の馬券対象馬を振り分けてみると……
逃げ…3頭
先行…7頭
差し…8頭
追込…6頭

逃げ馬がやや劣勢なのを除けば、どんな脚質な馬も満遍なく来ている。これでは何の役にも立たないので、ここに人気というフィルターを加えてみる(順番は古い順)。
逃げ馬3頭は9、10、1番人気。6.66
先行馬7頭は2、11、6、12、3、1、3番人気。3.71
差し馬8頭は7、1、1、8、9、4、3、2番人気。4.37
追込馬6頭は6、8、2、8、1、4番人気。
4.83
ここで無駄な計算。格分類の平均人気を割り出す。以下の通り。
逃げ馬6.66倍
追込馬4.83倍
差し馬4.37倍
先行馬3.71倍

単純に言ってしまえば、極端な脚質の馬の方が配当が良い。当たり前といえば当たり前か。
しかし、最も人気のない11番人気、12番人気の馬は先行馬。それも共に最終コーナーを2番手で回っている。ヤマカツリリーとコンコルディアなのだが、共通点といえば1200mを勝ったようにスピードがあること。距離延長で負けて、当日人気を落としていることである。
今年の出走馬の中でそれに該当しそうな馬を探そうと思ったが、夜も遅いので次回に回す。そういえば、ルメールは騎乗停止で乗らない。
スポンサーサイト

Posted on 00:38 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/830-22a0515c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。