スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Dance Dance Real。  

長距離はやはり血統なのだろうか。勝ったスリーロールス、2着のフォゲッタブルは自身も菊花賞馬であり、産駒からすでに2頭の菊花賞馬を輩出しているダンスインザダーク。3着のセイウンワンダーにしても母の母の父が長距離に強いリアルシャダイ。4着イコピコも父は菊花賞馬マンハッタンカフェ、5着リーチザクラウンも天皇賞・春を勝っているステイヤー、スペシャルウィーク。
サンデーサイレンス全盛期は、3,000メートルと言えども、結局は直線ヨーイドンとなることが多く、それほど血統にこだわる必要がないとも言われたが、SS亡き昨今は、再び長距離血統を見直すべきなのかもしれない。

ちなみに狙ったブレイクランアウトは16着に散った。問題外も甚だしい。距離は持つと勝手に思い込んでいたが、所詮は思い込みでしかなかった。今後は血統的にダート路線が面白い。化ける可能性は高いし、芝でこれだけ走れれば、もしかしたら海外ダート戦線でも勝負になる駒かもしれない。
買ってはいないが、アンライバルドも距離だろう。マイル、あるいは思い切ってスプリントなんかに狙いを定めると面白そう。
スポンサーサイト

Posted on 16:22 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

長距離G1はRoberto系。
スリーロールスは母父ブライアンズタイム。
セイウンワンダーは父グラスワンダーで母系にリアルシャダイ。
セイクリッドバレーは父タニノギムレット。
この3頭は上位にくると思ってました。

母父トニービン(G1級産駒はマイラーか東京専用ばかり)のフォゲッタブルは自信の無印でした・・・

アンライバルドは皐月賞がまぐれだっただけかもしれません。

吉川晃司は本命ブレイクランアウト、対抗リーチザクラウンでした。

URL | p4p. #tS/D58TE
2009/10/29 07:27 | edit

予想、相当に惜しいところまで行ってたんですね。フォゲッタブルは血統的に人気先行なんで、買うならば菊花賞が最後だったかも……。

アンライバルドはよく分かりませんが、超早熟馬という可能性も???距離の問題もありますが、皐月賞以後あまりに不甲斐ないんで、馬が終わってしまったとしか思えません。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2009/11/01 15:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/814-fdb9d28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。