スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近。  

全然ブログを書いていない。書くことが思い浮かばない。
静岡に来てからこの方、確かに競馬とは疎遠になりつつある。なかなか競馬場に足を運べないし、土曜中継もないから馬もよくわからない。ネットで買っても当たる気がしないから、ほとんど買わない。故に、競馬ネタに鈍感になってしまっているのだ。

もちろんニュースはゴロゴロある。ロジユニヴァースの菊花賞回避にしろ、ブエナビスタの凱旋門騒動にしろ、新馬関連にしろ、だ。書こうと思えば書くことは腐るほどあるのに、何故か筆が進まない。何故ぇぇぇ?

ロジユニヴァースはダービー馬といえ、皐月賞の惨敗がある。ダービーは不良すぎる馬場の恩恵がなかったとは言えず、真の強さはまだ測りかねる。鞍上の横典を考えれば、長距離の菊花賞は相当有利だったはずだが、JC路線に進むという。こっちに勝算あり、と陣営は踏んだか?
ウオッカ、ディープスカイに続いて3年連続ダービー馬が菊花賞に出ないことになってしまったわけだが、長距離好きの僕としては寂しい限りだ。

ブエナビスタは最初から凱旋門賞など行く気はなかった、と思わざるを得ない。話題作りに過ぎなかったと。p4p.さんも指摘していたが、「勝ったら凱旋門賞」というスタンスが意味不明。確かにハナ差の勝利とクビ差の敗戦の違いが分からない。ファンには申し訳ないが、近年の優秀牝馬に比べて格段強いとも思えないのに、何故これほど騒がれたのか。
今回の騒動であやがついたと言わざる得ないので、もしかしたら秋華賞の取りこぼしまでありそう。そして負けたら、「どうせならば凱旋門賞行けばよかった」と言われるんだろうなぁ。

新馬は相変わらず僕のPOG馬が出ないので、盛り上がらない。今年はこのまま低空飛行を続ける可能性が高い。最悪だ。

最後に、ウオッカは是非BCマイルに挑戦しなさいな。そして現役最強マイラーのGoldikovaと闘って欲しい。どうせ秋は天皇賞くらいしから狙うところないし、それはもう持っているのだから、いらないでしょう。それならば得意のマイル、左回りのBCで世界最強を狙うべきだ。
スポンサーサイト

Posted on 21:06 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 3

コメント

ウオッカも海外ではドバイの成績通りなのではないでしょうかね…。せっかく騒がれているのだから、国内で十分な気もします。
むしろ、マイルチャンピオンシップや両ジャパンCを世界最強クラスを誘致できるレースになんとかできないものでしょうかねぇ。

URL | Heaven #-
2009/08/29 09:09 | edit

電話でも話したけど、やっぱJC&マイルCSを国際認知された一流レースにするには、JRAトップの首を全て挿げ替えて、実際に競馬を知っている人間、賭けをやったことのある人間、競馬を愛している人間を据え置かなければならんのじゃないでしょうかねぇ。
世界の流れに反して、利益重視のためにJCダートを右回り1800に変更するような奴らに、何を期待しても無駄ですよ、きっと。
それが待てないのならば、賞金を破格にする以外にないかな。10億とか。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2009/08/30 17:32 | edit

ウオッカの遠征について

ヨーロッパの2400m路線のトップホースは凱旋門賞が最大目標で、BCターフやJCはおまけ。日本のトップホースは敢えてリスクを冒してBCターフに出走するよりはJCを盛り上げた方がいいと思います(アメリカ在住の立場としては遠征して欲しいですが)。
それに対して、マイル路線のトップホースはBCマイルが最大目標になるので、このレースは世界のマイル戦の最高峰です。
ウオッカが出走する価値が十分にあるレースだと思います。
ウオッカがG1を7勝しても、ヴィクトリアマイルというなんちゃってG1も含まれてるんで、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトの7勝には内容で劣ります(ダートばかりで7勝した馬たちよりは遥かに上ですが)。
上記3頭に欠けているのは海外のビッグタイトル。
ウオッカがBCマイルに勝って7勝になると、少なくともその点ではその3頭を上回ります。
ウオッカは力のいる馬場や時計のかかるレースがダメっぽいので、ヨーロッパやドバイよりアメリカ向きだと思います。


日本の国際レースについて

マイルチャンピオンシップが世界のトップマイラーの目標になるのは現状では無理。
BCマイルに大本命がいる場合に、その馬に白旗を揚げた世界トップ5レベルの馬たちを金で釣るのがよいかと。
1着賞金は最低でも2億円。
それができないなら現状維持でいいと思います。

JCダートに必要なものははっきりしていると思います。
ドバイWCはグレードなしのスタートでしたが、第1回にCigarが出走、勝利したことでレースの価値が世界に認められることになりました。
JCダートもそんな大きな一発が必要だと思います。
今年はチャンスです。
アメリカ最強馬Rachel Alexandraが早々とBC回避を表明。秋のスケジュールが空いてるはずなので、JRAはこの馬の誘致に全力をかけるべきです。
この馬を出走させることができれば、JCダートに対する世界の目が変わるはずです。

JCは2000mにすればいいと思います。
2400m路線のヨーロッパのトップホースは凱旋門賞でシーズン終了というのが一般的。日本に来る気にはなってくれません。
2000m路線には凱旋門賞に匹敵するビッグタイトルがないので、JCがその立場に収まってしまえばよい。香港Cと出走馬の奪い合いになりそうですが。
で、天皇賞(秋)は昔のように3200mで。


ブエナビスタ
オークスでレッドディザイアとハナ差(2400mでは決して抜けた存在ではなかった)、札幌記念でヤマニンキングリーとクビ差(古牡馬のトップと戦うのはかなりきつい)。
個人的には遠征して欲しかったですが、能力的には無理っぽかったなと。

URL | p4p. #tS/D58TE
2009/09/01 04:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/798-cc3576e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。