スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

TMの2乗。  

周囲の評価は差し置いて、個人的にはテイエムオペラオーという馬をかなり評価している。相手がどうだとか、タイムがどうだとか、晩節がどうだとかあれこれ難癖はつくが、やはり年間グランドスラムはラッキーだけでは片付けられない。掛け値なしの大記録である。
種牡馬としては繁殖の質もあってか、いまいち盛り上がりにかける。障害では何頭か活躍馬が出てきているが、やはりファンとしては平地で活躍馬が欲しいところだ。オーナーが意固地にならず、社台のシンジケートを受け入れていれば、もう少し違った状況になっていたかもしれないが、それは後の祭りというもの。何とか現状を打破してもらうしかない。
可能性がある馬が来年はいる。テイエムオーシャンの2008である。オーナーの意向から繁殖入りからずっとテイエムオペラオーを交配し続けてきたが、4年目にして待望の牡馬が誕生した。
オーシャンほどの馬に、種牡馬成績の上がらないオペラオーをかけ続けることに疑問の声もあるだろう。4年のうち最初の2年で産駒が生まれなかったことから、相性も良くないかもしれない。しかし、僕はオーナーの執念に賭けてみたい。夢と浪漫の配合に。
ファンが思っている浪漫派配合は、あるようで意外に達成されていない。思いつくのはシンボリルドルフ×メジロラモーヌの三冠馬同士くらいか。例えば、同時代の最強スプリンター&マイラーであるサクラバクシンオー×ノースフライト、同期の最強コンビであるナリタブライアン×ヒシアマゾンオグリキャップ×ホーリックスの葦毛の世界レコード配合、カブラヤオー×テスコガビーの逃げ二冠配合などなど、やってできそうな交配が、ほとんど実現していないのである(ヒシアマゾンはオーナー意向でヒシマサルとの夢配合が一度あったが)。
血統は浪漫や夢だけではどうしようもない、ということか。確かに血統は科学だろう。それに異論はない。しかし、同じ母父から生まれた全兄弟でも一頭は強く、一頭は駄馬であることなどざらにある。血統科学は未知なる部分が多すぎる。それならば、科学は一旦置いて夢や浪漫に寄ってもいいのではないか。
だから僕はオペラオーとオーシャンの子供に夢を馳せる。願わくば、姉のようなテイエムユメノコみたいな締まらない名前は止めてほしい。テイエム牧場HPでは毎年名前を公募しているようなので、是非とも素晴らしい名前をつけてもらいたいものだ。いくつか考えてみる。
テイエムドリーム(意外にこの名前はいない)
テイエムオー(ちょいダサいか)
テイエムオール(まさにテイエムの全てだな)
テイエムアゲイン(なんとなく)
嗚呼、あんまりいい名が浮かばない。
スポンサーサイト

Posted on 02:44 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 4

コメント

タイキシャトル×テンザンストームのテンザンアモーレはちょっとした夢配合でしたけどね…。菩提樹Sじゃダメですか?

馬名の公募…どうしてもアドマイヤグルーヴを思い出してしまいます。公募の意味無し。

URL | Heaven #-
2009/07/24 03:29 | edit

テイエムファイナル(かっこ悪い冠名はこれで最後という意味で)

URL | p4p. #tS/D58TE
2009/07/24 07:28 | edit

>Heavenさん
だと思って、確かPOGで指名しました。夢は儚く散りましたけど…。

URL | タカアキ #qffrB.pY
2009/07/24 21:26 | edit

>p4p.さん
馬主をやめる時ように、残しているかもしれません。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2009/07/24 21:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/794-3180e978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。