スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

GREAT HORSE RACE IN THE WORLD vol.1  

言ったからには考えてみたい。世界競馬の全レースの中からベストレースを選ぼうという試みである。当然、時間はたっぷりかけるしかない。だから、思いついたら一つずつでも選んでいく。今回は、その第一弾である。

恐らく、100人の競馬ファンがいれば95人以上は選ぶであろうレース、それが1973年のBelmont Stakes。主役はもちろんSecretariatである。いきなり超ミーハーなレースをピックアップしてしまったが、このレース映像を観た時の衝撃たるや。ドッキリ番組か?と思わず突っ込みたくほどの展開。百聞は一見にしかず。観るべし。

2着につけた差は31馬身。ダート2,400メートルのタイムが驚愕の2:24:00。日本と米国のダートの違いはあれど、俄かには信じがたいタイムである。当然、未だに破られていないスーパーレコード。それどころか、2分24秒台で走破した馬すらおらず、恐らく永久に破られないかもしれない。
このレースの凄さは、その内容もさることながら社会に与えた影響にもある。1973年というと今から36年前になるわけだが、このレース映像は日本でもニュースになりレースの中継があったという。わが家の親父がそれを見た、と証言しているのだ。奇しくも日本ではハイセイコーの登場により空前の競馬ブーム。その恩恵もあり、遠く米国のクラシックレースを放映したのだろうが、交流がより深くなった今ですら滅多に放映しないことを考えれば、このレースの事件性は相当だと言える。

一発目としては無難なところではないだろうか。取りあえず暫定1位ということにする。何とか10レースくらいまでは到達したいと思うが、気持ちが続くかどうか。頑張ってみよう。
スポンサーサイト

Posted on 22:34 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/785-7f8d0b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。