スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

5位。  

第5位 2005年/安田記念 アサクサデンエン(藤田)
今でも悔やまれるレースがある。それがこの安田記念だ。話は本番一週間前。ケータイの競馬サイトにある予想サイトにて、僕は◎サイレントウィットネス、○アサクサデンエン、▲スイープトウショウとチェックした。アサクサデンエンは藤田だし、サイレントウィットネスは香港旅行に行ったばかりでこの馬の偉大さを痛感した直後、スイープトウショウは府中得意、という簡単な理由だけだった。
本番までの一週間が毒だった。当時は暇さえあれば競馬、競馬、競馬。出走予定馬全頭について何度も検討し、ピックアップあるいはふるい落としを繰り返した。そして本番。当初の予想は何処へやら。アサクサ以外の2頭は押さえに回し、テレグノシスとバランスオブゲームに重い印を置いてしまった。己の愚かさを痛感したのは、レース後である。何と1着アサクサデンエン、2着スイープトウショウ、3着サイレントウィットネスで決まり、3連単は4658,4倍。100円が46万になる計算。しかも、最終的に本命に回した3頭のBOXは500円ずつ購入していたことを考えれば、もし当初の予定通りの3頭のBOXも500円ずつ買ったことになる。4658.4×500=2.329.200。約240万円の払い戻しを受けることができたのである。レース後、失神しそうになったのは言うまでもない。

僕の馬券失敗談は抜きにしても、レース自体も最高にスリリングだった。香港の英雄サイレントウィットネスは初のマイル、初の左回りにも関わらず堂々たる走りで他馬を圧倒した。スイープトウショウも牝馬らしいキレを見せて、豪快に追い込んできた。そしてアサクサデンエンは直線狭くなる不利がありつつも、藤田がジッと我慢して、「ここしかない」というタイミングで抜け出す。最後は3頭の壮絶な叩き合い。クビ、アタマ差の激戦を制して、アサクサデンエンが勝利した。素晴らしいレースだった。
馬券の悔しさとともに、このレースのVTRは10回は見直している。当たっていれば、確実にBEST1だった。

スポンサーサイト

Posted on 18:55 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/777-6a995e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。