スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

安田記念の感想文。  

やっぱりダービー馬ってのは強いんだなぁと素直に痛感。
ネットの怪情報に踊らされ、ウオッカが勝つときは逃げ馬を連れてくると予測するも、結局連れてきたのは後輩ダービー馬のディープスカイである。やれやれ。
もし仮に、直線でウオッカが窮屈にならずにスムーズに抜け出していたら……と考えてしまう。ウオッカが突き抜ける形になった場合、ディープスカイは当然それを捕まえに行く体勢を取る。結局、捕まえきれず、ウオッカとの間に逃げたあるいは先行して粘りこんだ馬が紛れるという読みだった。多分、すんなりウオッカが抜けていればそうなっただろうと思う。何故に直線で詰まる?そして何故結局勝つ?隙間ってのは、強い馬にはパッと開くもんだな、ホント。参る。
ま、結局あしが戦前に想像した通りの展開になったとしても、ウオッカとディープスカイの間に割り込むであろう逃げ馬として挙げていたのがタマモサポート(10着)、ローレルゲレイロ(15着)、ホッカイカンティ(殿)では、どっちみち獲れちゃいなかったんだがね。はあ、競馬が上手くなりたい。
スポンサーサイト

Posted on 23:05 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

ウオッカは隙間が「できた」のではなく「作った」ように見えました。とにかく強い。
ただ、考え方が古いかも知れませんが、昨年のダービー1、2着馬と一昨年のダービー馬が春の天皇賞ではなく安田記念とは…。
で、天皇賞は重賞初勝利のマイネルキッツ。そういう年もあるのでしょうが、毎年こうだと少し寂しいですよ。

URL | Heaven #-
2009/06/09 13:39 | edit

言われてみればそうやね。ディープは何で長距離行かないのかねぇ。2400こなせれば、距離適正云々が求められるような昨今の長距離じゃあるまいし、こなせるとは思うんだけどね。ま、ウオッカもしかりっちゃしかりだけど。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2009/06/09 18:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/747-a7a62097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。