スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エアレモネード  

エアレモネード(♀)
父Afleet Alex
母Chez La Femme
母父Afternoon Deelites

一時期、仲間内のPOGサークルで「一頭は必ず○外を指名する」という枷を設けていたことがある。今やそのサークルも空中分解、各々がある程度自由気ままに指名するに落ちぶれたが、その名残なのか個人的だとしても○外を選びたくなってしまう。
はっきり言えば、もはや外国産馬と内国産馬を区別するのは時代錯誤かもしれない。かつては○外ダービーと言われたNHKマイルCも年々○外の出走は減少。それに伴って、2001年のクロフネ以降、○外の優勝馬も出ていない。加えて、本番東京優駿が外国産馬に解放されたことにより、もはやボーダーラインは意味をなしていない。
しかし、古くはマルゼンスキーに始まり、ヒシアマゾンで歓喜し、グラスワンダー&エルコンドルパサーで黄金期を向かえ、クロフネに仰天し、シンボリクリスエス&タップダンスシチーに度肝を抜かれた怪物○外たちの系譜。絶やしてはいけないと思っている。
あしのPOG○外指名馬を紐解いてみると、エーピーアロー(A.P.Indy)、スパークジュエル(Unbridled's Song)、カジノドライヴ(Mineshaft×Better)、ブレイクランアウト(Smart Strike)と名を連ねており、結構稼ぎ頭になっているのだ。
個人的な○外選びの醍醐味は「走ってみるまで解らない」という射幸性にある。カジノドライヴは結構騒がれていたが、それでも全く駄目という可能性も十二分にあった。逆にブレイクランアウトはそれほど注目されていたわけではなかったが、結果的に重賞ウィナーになってくれた。この感じがたまらないのである。
今年、その射幸心を煽ってくれたのはエアレモネード。父は新種牡馬Afleet Alexである。この馬、僕が渡米した前年のクラシック二冠馬で、直接見たことはないのだが、その凄さはp4p.サンからたっぷり窺った。特にPreakness Stakesで魅せたパフォーマンスは常軌を逸していると言っても過言ではない。是非、レース映像を観てもらいたい。
厩舎は不明、馬主は冠でもわかるように「エア」の人。ただ気に掛かるのは、一つ上に兄貴がいるらしいのだが、現時点で未デビューということ。この遅さが仇とならなければ良いのだが。
ちなみに「エアレモネード」とは冠+レモネード。そのままの意味。日米では炭酸抜きの、どちらかと言えばレモン水に近いものを指すそうで、爽やかな喉ごし。夏にピッタリなので、北海道あたりでデビューしてくれればありがたいのだが。
スポンサーサイト

Posted on 17:01 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 4

コメント

私はむしろ○外から探し始めて…気付けば候補が3頭。

近年最強牝馬世代のオークス馬も○外が制しているし、ゴス犬もいるし、○外は○外で探すのは楽しいものですよ。
当たりはなかなか引けませぬが。

URL | Heaven #-
2009/06/05 21:37 | edit

お馬ちゃんの事を詳しくしりませんが…
このシリーズ面白いです。
脇のネタが。

URL | KenKen #-
2009/06/05 22:42 | edit

Heavenさん
そいえば○外もボチボチ勝ってるっけねぇ。化物クラスが出ていないだけで。確かに問題は当りを引くこと。引けないと目も当てられない結果になるからなぁ。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2009/06/05 23:21 | edit

Kenkenさん
すいません、馬話ばかりで(汗)
一応、非競馬読者のために、小ネタやら雑談を交えてはいるんですが。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2009/06/05 23:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/742-f2784746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。