スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ルクールダンジェ  

ルクールダンジェ(♀)
父アグネスタキオン
母パーフェクトワールド
母父Gone West

藤沢和厩舎を陰とするならば、陽に位置するのが藤原英厩舎。エイシンツルギザンがいた頃からのご贔屓厩舎で、もっとも応援しているステイブルである(主戦が藤田であることも大きいが)。昨年は勝率で全国トップを取り、全国的にもすっかり信頼ある厩舎にのし上がってしまった。嬉しいやら寂しいやら。
そんな藤原厩舎。今年の3歳牝馬路線では大暴れした。オークスに怒涛の3頭出しを決め込んで、3着、4着と放馬。放馬したワイドサファイアも鞍上岩田を考えれば、勝負気配は濃厚で、もしかしたら3~5着独占もあった(おそらく連に絡むのは難しかっただろう)。そして、3着だった我がPOG馬ジェルミナルも含め、その全てがアグネスタキオン産駒という偏りよう。これを単に良血だからと片付けるのは簡単だが、ならば他の調教師はどうなのだという話になる。藤原師は明らかにタキオン産駒、それも牝馬の育成の極意を掴んでいるのだ。
そこでルークルダンジェをピックアップ。POG関連本では絶賛されているらしい。逆に騒がれすぎると危ない気もするが、いいものはいいのだろう。馬主は同厩舎でフェブラリーSを勝ったサクセスブロッケンと同じ高嶋哲氏で、厩舎の相性も良さそう。
ちなみに「ルクールダンジェ」とは天使のハートという意味だそう。下を噛みそうだが、桜花賞で滑舌に難のある大坪解説者を困らせるくらい、注目を集めてくれれば御の字だ。
スポンサーサイト

Posted on 00:07 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/737-1146ef7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。