スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アオラギ  

前回POGは、気がつけばジェルミナルが桜花賞とオークスに出走して共に3着、ブレイクランアウトは重賞をひとつ勝ってダービーに出走という、近年では上出来すぎる結果に終わった。ほとんど資料に目を通さないまま、血統的好みと第七感とも言うべき霊力だけで選んだにしては、中々の結果だったように思う。
今年もいよいよPOGシーズン到来。今回もまた、マスコミに踊らされず、己を信じて馬を選んでいきたい。

アオラギ(♂)
父グラスワンダー
母エイプリルヒロイン
母父サンデーサイレンス

未だに史上最強馬だと信じてやまないグラスワンダー。毎年当該産駒は選んでいるのだが、当りを引いたためしがない。全く産駒が走っていないのならば諦めもつくが、昨年はセイウンワンダーが朝日杯を勝ったし、スクリーンヒーローがJCを勝った。つい先週はサクラメガワンダーが金鯱賞を圧勝もした。走る子供は出ているのだ。だから今年も懲りずにグラスワンダー産駒を指名したい。
走るグラスワンダー産駒の条件は二つ。牡馬であること。そして母父がサンデーサインレスであること。上記3頭は全て母父SSの牡馬である。ちなみに、グラス産駒で賞金獲得上位10頭は全て牡馬(セン馬含)で、その内4頭が母父SSとなっている。
そんな条件で精査していき、たどり着いたのがアオラギ。セレクトセールにて2100万円で、金子氏に落札された馬である。ディープインパクト以降、それほど目立った活躍のない金子馬だが、そろそろ走ってきそうな予感がある。
厩舎は池江息子説と後藤説があるが、どうやら美浦の後藤厩舎が有力らしい。後藤-金子のラインで言うと、白毛のユキチャン&シロクン兄妹、出遅れがちな逃げ馬ホットシークレットなど個性派ぞろい。個性派大歓迎の小生だけに、面白いホットラインだと思っている。
ちなみに「アオラギ」とは、ニュージーランドの最高峰クック山の現地名で、先住民の言葉で「雲を突き抜ける山」の意味とのこと。いろんな意味で突き抜けた競走馬になってもらいたいものだ。
スポンサーサイト

Posted on 20:27 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/733-3cb999bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。