スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

天皇賞・春の予感。  

前々日オッズだが、モンテクリスエスがまさかの1番人気。最近、やや衰えてきたかに思われていた「武豊過剰人気」が復活の兆しだろうか。当日まで1番人気を維持するとは思えないが、まさに春の珍事で驚いてしまった。

ディープの時のような1強や、マンカフェ・ジャングル・ナリタトップロードの際のガチガチの3強は馬券的には面白くないが、レース自体の見応えや面白そうなレースになるという予感はあった。しかし、今年はそれが1ミリも感じられない、個人的に。
実績上位馬と言えば2頭の菊花賞馬デルタブルースとアサクサキングス、2歳GI馬ドリームジャーニーとテイエムプリキュア、メルボルンC馬ポップロック、JCウィナーのスクリーンヒーローあたりになる。しかし、デルタとポップは8歳の老兵、プリキュアは引退を急遽回避した牝馬、ドリームジャーニーは血統こそステイヤーだが長距離実績に乏しく、スクリーンヒーローも同じく長距離に不安を残す。若く、ここに来て重賞連勝中のアサクサキングスは「王者」という感じがしない。「格の天皇賞」とは言え、波乱の気配濃厚である。

気になるのはトウカイトリック。友人からの電話で、こんな名言が飛び出した。「エルコン産駒は二度咲く」。実績、根拠は調べたわけではないが、この名言が気に入った。騎手の和田はオペラオーで春天を二度勝っているし、確か初重賞制覇はステイヤーズSだった。意外に長距離巧者である。
経験の少なさが逆に怖いのが、大外に入ったヒカルカザブエ。秋山の決め打ちに期待したい。
スポンサーサイト

Posted on 22:27 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 1

コメント

こんなメンバーだからこそ、血の魅力ホクトスルタンはどうでしょう???

URL | Heaven #-
2009/05/02 09:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/727-6b8fc86e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。