スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

驚いた。  

天皇賞・秋。
脅威の二枚腰を見せたダイワスカーレットには驚いたし、58年ぶりの牝馬ワンツー決着にも驚いたし、長い長い写真判定にも驚いたが、何よりも驚いたのはTV中継で解説に呼ばれていた岡部元ジョッキーである。

僕はフジTV系列の競馬番組でレースを観ていた。ゴールした瞬間、中継の角度的には内のダイワスカーレットの体勢が有利に見えた。一緒に観ていた父も弟も「ダイワかぁ」と言った。
しかし、解説の岡部は「ウオッカの方が有利に見えますね」とコメント。TVと現場の解説席から見る違いはあるにしろ、その言葉にはひとつの確信が聞いて取れた。
同時中継していたNHKにチャンネルを変える。そちらでは決勝線のCGを出して、ゴールの瞬間をスローモーションで流していた。それを見ると、確かにウオッカが有利に見えたわけだが、それでもダイワとは頭の上げ下げという感じ。判断はつかない。だからこそ、あれだけ長い写真判定になったのだ。
検量室に戻ってきて、ダイワスカーレットが1着、ウオッカが2着のコーナーに入っていった。中継では、関係者が「勝ってるよ」とアンカツに促したと言っていた。現場にいるプロもダイワ有利説を説いたのである。
しかし結果はウオッカの勝利。武も珍しくガッツポーズを出していた。それだけ際どかったということだろう。それだけに、ゴール直後の岡部の発言、さすが元騎手だなぁと感心した。
スポンサーサイト

Posted on 18:07 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

馬券の絡みもあるかもですが、私もウオッカに見えました。
場外馬券売場にいたのですが、周りでダイワスカーレット先着を訴えていたのはやはり馬券をダイワスカーレットから買っていた人間でした。

写真判定の間、‘99有馬記念を思い出していました。

URL | Heaven #-
2008/11/02 19:23 | edit

天皇賞、10年に1度の名勝負でした。

TV映像は総じて、カメラ位置を考慮して有利と思ったほうが負けていることが多いですね。

URL | pom@横浜 #-
2008/11/03 23:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/686-a42a733d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。