スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カジノドライヴ論。  

Big Brownの二冠達成により、デザーモはこちらへ。再びカジノドライヴの鞍上が白紙に戻った。いや、ひとつ。武豊が乗ることはない、という一点だけは決まった。これはオーナー直々に武豊を訪ね、断ったらしい。その思惑は知らないが、これにてカジノドライヴには現地ジョッキーが乗ることになった。
当然、賛否両論が沸き起こっている。是とするか非とするか。はっきり言って、これはどちらでも良い。馬にとっては勝つことが第一で、誰が乗ろうが勝てば万事オッケーだ。納得しないのは日本のファンで、「日本代表の意識がない」となる。
そもそもカジノドライヴは日本代表か、ということすら疑問ではないか。日本には全く馴染みのない外国血統。日本でのレースは新馬の一戦のみ。そして、Belmont S目指してアメリカへ行ってしまった。ぼくとしては、日本代表という思いはない。ただ単純に兄貴のJazilを追っかけて、その弟が日本にいた。だから応援したい。それだけだ。本当ならば現地に行って、レースを観たいさ。
ところが多くの日本人は違うだろう。別に差別するわけではないが、おそらくカジノドライヴが注目されたのは姉のRags to RichsがBelmont Sを勝った以降からではないか。兄姉連覇、しかも姉は102年ぶりに勝った牝馬である。その弟が日本にいる。しかも藤沢厩舎だ。注目しよう。こんな経緯と推測する。
明らかに三冠勝って、天皇賞・春勝って、宝塚を勝って、凱旋門賞へ行ったディープインパクトとは違うのだ。もし仮にディープが武じゃない騎手で凱旋門賞に出たらブーイングもある。しかし、カジノドライヴは別に日本に恩も糸瓜もなかろう。偶然、日本人オーナーが競り落として日本に来た。そんな感じだと思う。

もちろん、日本人競馬ファンとして、日本競馬が海外の正真正銘のビッグレースを勝つことは渇望している。ただ、その問題と今回のカジノドライヴの問題は分けねばならないだろう。
カジノドライヴはアメリカでの方が人気があるようだ。兄姉を知っているからだ。逆に考えてみれば分かる。例えばディープの下、ウインドインハーアヘアの仔が米国人に買われたとする。芝の新馬に出て千切って勝ち、JCに来たとする。当然、日本のファンは騒ぐ。だってディープの下だから。逆にアメリカファンはそれほどではないような気がするのだ。まずディープを見たことがないだろうし、芝では、ということになる。そんな馬がいたところで「ビバ!アメリカ代表」みたいなノリにはなるまい。
だから武が乗らないだとか、日本代表じゃないからと騒ぎ立てることはない。空前絶後、Belmont Sの兄姉3連覇に挑む競走馬として、見守ればいいのではないか。
“日本所属馬”の偉業とするから納得できないのだ。だから“兄姉3連覇”の偉業に視点を置く。これは世界的に見ても、大ニュースだろう。

だが、そうなると「勝手にやっててください」という意見もでる。だから勝手にやるんだろう。見たくない人は見なきゃいいし、応援したくない人はしなけりゃいい。嫌いになるも自由だ。僕自身は、一日本人としではなく、一競馬ファンとして現地にいけないのが悔しい。だから代わりに、この方に願いを託すのです。
スポンサーサイト

Posted on 22:53 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 8

コメント

馬の話をするならタカアキさんの仰る通りだと思います。縁ある馬を応援するのは当然の心情で、タカアキさんには縁がある。だから応援する。これはもっともだと。

しかし、人間の話をすると、つくづく周りを振り回す勝手な陣営だなと思いますよ?
日本で1戦、アメリカで2戦。一度としてすんなり鞍上が決まった例しが無い。しかも日米のトップ騎手を振り回して。
これをビジネスに徹する考えだとするならば、こんな2転3転する人間とビジネスを私はしたくないですけどね。

馬は応援したいのに…というのは辛いですね。ウオッカもそうですが。純粋に競走馬だけを見ることができないのが競馬の残酷な一面だと。

じゃあ武豊がカジノドライブ騎乗だったら良かったのかというとそれはそれで別の話ですが。


しかし、今後どうするんですかね?帰国して鞍上北村でしょうか?それとも最近藤沢厩舎馬によく乗る地方競馬出身騎手とか?

URL | Heaven #-
2008/05/20 01:41 | edit

掲示板等を見ると賛否両論で面白いです。
で、僕の意見ですが、

ケンタッキーダービーやブリーダーズカップならともかく、ベルモントSだけのためにアメリカ遠征なんて普通はないです。
あえてそれをするのは兄、姉に続く優勝がかかってるから。
「この血統の馬を持った者の義務・責任」を感じたからです。
日本人が買ったせいでアメリカ競馬史に残る偉業へのチャレンジがなくなったとしたら、それこそ日本は血統の墓場です。
この遠征はアメリカ競馬への義理と感謝を表すための遠征です。
それを周り(メディアやファン)が勝手に「日本馬による云々」にすり替えてしまった。
で、「日本の騎手じゃないと応援する気がない」なんて言い出してるわけです。
まあ応援するもしないもファンの勝手ですが、今回は上記のような特別な目的があっての遠征ですから、「日本代表馬による偉業」は別の機会にってことでよいと思います。

鞍上に関しての陣営の意図がよくわかりません。
まず、Big Brownに騎乗するであろうデザーモを乗せた理由がわかりません。
本番で武豊を乗せたい(と当時は考えていた)ので、あえて本番で乗ってくれないデザーモを乗せたのか?
単にデザーモが藤澤調教師と仲良しだからなのか?
まあ、ピーターパンSの圧勝で陣営に色気が出てきたのは確かだと思います。
レース後に現地の騎手からの売り込みが相次いだようですが、その中に「実はお願いしたかったけどコネもないし畏れ多くて・・・」なんていう超大物騎手がいたのではと推測します。

Ouija BoardもDylan Thomasも特に主戦と呼べる騎手がいなくて、その時々で手の空いてるベストの騎手に依頼するといった感じでした(Dylan Thomasの場合は本来主戦であるべきのファロンが騎乗停止食らいまくったからですが)。
カジノドライヴの鞍上の件もそう考えれば不自然ではありません。
人脈第一の日本競馬では違和感があるやり方かもしれませんが。

武豊はそこらへんのところは理解してると思います。
いつもは自分が奪う側ですが、今回は奪われたと。
それだけのこと。

URL | p4p. #tS/D58TE
2008/05/20 08:52 | edit

>Heavenさま
おそらく、人の話もひっくるめてのカジノドライヴ論ということになるのでしょう。鞍上問題ですったもんだすることで、素直に応援できないって意見も多いはずです。
しかし、日本デビュー時にすでに誰か外国人が乗っており、米国に行ってそのままその外国人が乗っていたとしても、やっぱり「何だかなぁ」って声はあったのでは?
とどのつまり、今回に関しては「日本馬」という括りをある程度捨てて見るというのがベストかと。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2008/05/20 22:10 | edit

>p4p.さま
カジノドライヴの遠征が「義務・責任」という意見はぼくも賛成です。この血統である以上、Belmont挑戦は単なる遠征ではなく、宿命ですらあるかもしれません。カジノドライヴが日本に来たのが偶然であり、この挑戦こそは必然だったのだと。
そこに鞍上問題が絡むものだから賛否両論あるわけで。取りあえず、Peter Pas Sを圧勝してしまった以上、デザーモ鞍上は失敗でしたね。良くも悪くも手の内がばれたので。

Ouija BoardやDylan Thomasのように世界を股に駆けて戦えば、鞍上が定まらないのもありかも。誰が乗っても勝てるというのもまた、その馬の強さの証明でもあるわけですし。しかし、僕も含めて人馬一体が好きですからね、日本人は。そこら辺、割り切れない声が多そう。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2008/05/20 22:15 | edit

吉沢なる血統論者はカジノドライヴが勝つと3冠を阻止した悪役となってしまうと言っていますね。
ライスシャワーにせよハーツクライにせよ人気馬を負かした事が悪役扱いという寂しい結末となりましたが、日本人だけの感覚ではないんですかね?米国でもそんな雰囲気なのでしょうか。
そして吉沢氏は悪役となってしまう可能性があるなら武豊騎手より現地騎手の方が良いと。…うーん。欧州と違い結果を残せなかった米国なら悪役上等くらいの気概を見せてもらいたいものですが。
3冠目前のビッグブラウンを直前に差し切るのだけは勘弁と締めてありましたが、人気馬(実力馬)の凡走待ちより、強い相手に勝ってこそだと思いますがねぇ。
それこそが遠征、挑戦の価値のはずなのですが、競馬メディアで発言力のある人間が言っている事だけに同調する人間もいそうで。どう思われますか?

URL | Heaven #-
2008/05/23 00:25 | edit

2003年と2004年のベルモントSでは、三冠を阻止した馬にブーイングが飛んでました。
ファンは三冠を見たいでしょうし、ブーイングをするのも悪いことだとは思いません。
それは、その馬や騎手を憎んでいるということではなくて、儀式のようなもんです。
当事者がそれを気にしてレースをしたら、それこそ八百長です。
今回の場合、デザーモ以外の全騎手が「悪役上等」と思って騎乗してこそ、Big Brownが勝った場合の三冠が「本物」になると思います。
「悪役になるぐらいなら乗らない方がいい」なんてのは、極論を言えば八百長の推奨です。
吉沢氏ってそこんとこわかってるんでしょうか?
馬の知識はあっても勝負というものに関してはド素人以下かも。

URL | p4p. #tS/D58TE
2008/05/23 11:08 | edit

日本においては、武はずっとヒーローとしてやってきましたからねぇ。これが藤田やノリだってんなら悪役もはまるんだろうけど。
ただ、吉沢氏の言うことは本末転倒だというのは同意しますね。競馬に勝つことと、悪役になることを天秤にかけて、悪役になる方に重きをおいているんですから。本気で思っているならば、かなり痛いですな。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2008/05/23 20:49 | edit

ご無沙汰です。

ご無沙汰です。
海外に競馬を見に行きだした当初、現地の方にこんな質問をしました。
「自国産外国調教馬と外国産自国調教馬ではどちらを応援するのか」
当時は日本産の外国馬なんてまだ考えられない時代でした。
答えは「自国産馬の方がナショナリズムを刺激する」とのことでした。(個人差はあるでしょうが)
スキーキャプテンが遠征した時はこれほど注目されなかったと思います。カジノより国内実績がずっと上だったし、馬券もあの頃の方が売れていたのに。(あの時は豊が乗り続けたからではないと思います)
日本産馬や日本で繋養されている種牡馬の産駒が世界で活躍するようになったのだから、日本産馬と○外馬を同じに扱う段階ではなくなったと思います。エルコンやタイキシャトルの頃から進歩しているのだから。

URL | pom@函館→横浜 #-
2008/06/09 10:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/628-756dc838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。