スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

真っ白。  

こんなことってあるんでしょうか。起きたばかりで寝ぼけているんでしょうか。何かニュースでもあるかなぁとnetkeiba.comを見ると、何とカジノドライヴがPeter Pan S,圧勝の文字。え?え?勝っちゃったんですか?早速、NTRAの公式サイトへ行き、Peter Pan S.の映像をチェックする。
スタートで後手を踏んだ。初戦は逃げて楽勝しただけに、結果を知らなければこの時点で「駄目か」と思っただろう。すぐ立て直して、すぐに4番手につける。目の前には僚馬のスパークキャンドル。戦前、血統的にはこちらの方が“アメリカの一流”かもなんて話をしていた。こちらもスムーズに、そして楽な手ごたえに見えた。が、それは気のせいだった。最終コーナーを回る辺りでいっぱい。騎手の烈しいアクションに相反して、スパークキャンドルはじょじょに後退していった。
一方、カジノドライヴは抜群の反応。追い出しとともに加速していき、直線に入る時点で逃げるMint Laneに並びかけ、これをあっさりと捨てた。後は独壇場だった。ぐいぐい後続を引き離し、気が付いたら5馬身以上の差をつけての圧勝劇。3度映像を見直したが、まだ信じられない。だが、現実に次は堂々米三冠最終戦、Belmont S.へ駒を進めることになった。一攫千金の旅、アメリカンドリームがあながち机上の空論ではなくなった。
だが、楽観もしていられない。まず鞍上が決まっていない。今回は日本で手綱を取った武が体重を理由?に乗ることができず、K.デザーモが手綱を取った。勝って結果を残したのだからそのままでも良いが、デザーモは今年のKentucky Derby馬Big Brownの主戦である。この馬が続くPreakness S.を勝つようならば、当然三冠を目指してBelmont S.にも出てくるはず。そうなりゃデザーモは確実にそちらに乗るだろう。ならば武に戻すという手だが、Belmont S.は現地時間6月7日に行われ、裏では日本で安田記念がある。こちらに乗りたい馬がいなければ可能性はあるのだが……。
そして相手関係もある。先に述べたダービー馬Big Brownははっきり言って強い。両方の手綱を取ったデザーモがどう感じているかだが、Peter Panに出てきた馬とは二枚は格が違うだろう。その強い馬の主戦に、こちらの能力が半ばばれているというのは不利だ。これからどんな策を練っていくのか、鞍上問題も含めてトレーナーの腕の見せ所だろう。

なにはともあれ、朝からとんでもないニュースを目の当たりにして、寝ぼけ眼で長文を書いてしまった。Belmont S、見に行きたいなぁ。今日のNHKマイルCで100万くらい当たらないかなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 11:01 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/610-6ba7b27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。