スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お寺の幽霊。  

怪談話には少々気が早いが、プリンシパルSは寺の幽霊、すなわちテラノファントムから入る。1戦1勝で挑んだ弥生賞は低評価を覆して5着と大健闘。結果的にハイレベルだった皐月賞5着は誇れる。続く自己条件では、上がりラスト2ハロン11.6-11.8を自分から動いて豪快に差し切った。今度は冷やかしではなく、天下取りに向けた主役として堂々参戦である。
父フジキセキ、母父トニービンで、今勢いのある血脈。ジュウクリュウシンの戦線離脱により宙に浮いた藤田を配して、ダービーの権利を狙い撃ちだ。特に手ごわそうな相手もいないし、できればダービーへ余力残しのレースが希望。勝ったらダービーの本命にしよう。
スポンサーサイト

Posted on 20:46 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 1

コメント

プリンシパルの話題ですね。
近年感じるのは、OP特別ながらトライアルのプリンシパルと重賞でも優先出走権の無い京都新聞杯、どちらに重きが置かれているのかという事です。
プリンシパルから本番好走したのはダンスインザダークくらいですか?京都新聞杯からはシルクジャスティスとインティライミくらいしか思い浮かばないんで、そんなに差は無いんでしょうけれども…。

得意な?京都を蹴って東上してきたヤマニンキングリーが気になるところですが、皐月賞上位の弥生賞組テラノファントム。ここは通過点であってほしいですね。
ひょっとしたらダートの方が…という気もしなくはないですが。

URL | Heaven #-
2008/05/09 22:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/607-8ebc3456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。