スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

木星、競馬という快楽をもたらす者。  

ホクトスルタンの横典には贅沢を言えば、もう少し早いペースで逃げて欲しかった。有力馬にびっちりマークされる展開では、流石に乗り切れまい。なし崩し的に足を使わせることができたら、あるいは結果は変わっていたかもしれない。それでも3,200メートルを逃げて4着に粘ったのだから、やはり血の偉大さを感じた。故障せず、キャリアを重ね、来年、そして再来年にまた淀で見たい。もちろん、その時は史上初、そして多分最後になるであろう4代天皇賞・春制覇を達成してもらいたい。

結果的には人気上位馬が上位入線を果たし、久しぶりの「堅い春天」となった。メイショウサムソンが一歩抜け出した瞬間は「勝ったか」と思ったが、アドマイヤジュピタは武豊的表現を借りれば「もう一段ギアを隠していた」。父フレンチで3,200か、と首を捻るような結末だったが、よく見れば母父が長距離の鬼リアルシャダイ。以前はリアルシャダイの血を持っている馬を買っておけば間違いない、と言われたほど血の適正を示した馬。フレンチの血を完璧にかき消した。岩田もよくぞ敵を見誤らないで乗った。アサクサキングスではなく、下降気味のサムソンをマークできた時点で、8割勝利を掴んでいたのだろう。
余談になるが、サムソンvsアドマイヤイワタはまたもや後者に軍配が上がった。昨年の個人的には日本のベストレースに支持したい宝塚記念もサムソンを、アドマイヤムーンの岩田が成敗した。荒れ続きだった春一連のGIで唯一の力勝負になったので、馬券を忘れて見入ってしまった。今回の天皇賞・春もラストの内か外かのデッドヒートは、見ごたえがあった。サムソンとジュピタは同期の桜。ジュピタは故障でクラシックを棒に降ったが、もしあの時皐月賞やダービーに出ていたら、といらぬ妄想も膨らむ。好きなタイプの馬ではないが、掛け値なしに強い。ダイワスカーレットととの対決が楽しみだ。
サムソンは秋、昨年頓挫した凱旋門賞を目指すと言う。負けはしたが、今回の結果に満足はしているようだ。ただ、調子の良し悪しが分かり辛い馬だけに、海外遠征には不向きかもしれない。出るからには応援はしたい。
3着、4着は4歳勢2頭が滑り込んだ。アサクサキングスはこの展開になったら勝てないだろう。菊花賞のように出し抜け、逃げ切りをしたかった。人気を背負って中々強気には攻められないのかもしれないが、結局3着と言う結果は「なんとか格好をつけた」だけ。ここら辺が四位の弱さか。ホクトスルタンは先に述べた通り。
以下はまあ特に感想もない。人気のポップロックは坂の辺りで内田が鞭を連打していた。あれじゃどうしようもない。内田、中央に来てまったく精彩を欠いている。アドマイヤフジ(本命)は好調川田に期待したが、一歩届かず5着。融通の利かない馬だけに、どうしても勝ち味に遅いのかもしれない。とは言え、もう6歳だが。

べたにHolstの惑星より「Jupiter」をお届けします。
スポンサーサイト

Posted on 19:36 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 8

コメント

アドマイヤジュピタ、かっこわるっ。
マチカネタンホイザとかカルストンライトオみたい。

おっしゃる通り、横山典はあと一歩攻撃的に行けばいいのに、と思うことがよくあります。
セイウンスカイの菊花賞やイングランディーレの天皇賞(春)、そんな騎乗を見せてほしいものです。

URL | p4p. #tS/D58TE
2008/05/06 12:42 | edit

数値、時計的に見れば淀みのない、最高のペースだったようです。ただ、それでは馬の能力の差を埋めることができない、と思うのです。実績、格、能力が劣っているのは明白。そこでいくら正攻法で攻めても、100%であの結果が最高でしょう。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2008/05/07 20:56 | edit

奇策に拘り過ぎても皐月賞や桜花賞の様にレースが壊れてしまいますけどね。
穴馬券だけが目的なら良いのですが、実力を観るスポーツとしての競馬は…。

レースを創れる騎手が減ってますよね、実際。
池添、武幸四郎、松岡、四位。関西の次代の騎手達はレースの流れの中で結果を出す事はできてもレースを創るとなるとまだまだ。

そういう意味では、横山典弘が創りだした天皇賞は良いレースだったと思いますが。

URL | Heaven #-
2008/05/07 23:09 | edit

僕は、全レースで奇策があってもいいと思います。
まともにやっても勝てない馬たちがそれぞれ奇策に活路を見出そうとして(レースを壊そうとして)、有力馬はそれをさせずに力勝負に持ち込もうとする。
それでレースが壊れてしまって大穴馬券になるのであれば、有力馬の力がその程度だったということです。

きれいにレースが創られて、「強くあるべき馬」が強い勝ち方を見せるのも競馬の醍醐味だと思います。大相撲で横綱が堂々と受けて立って寄り切るような感じで。
でも、他の馬が「強くあるべき馬」を強く見せるためのお膳立てをしているだけに見えるレースも少なくなくて、それはプロレス的エンターテインメントの世界です。
プロレスはそれで面白いんですが、競馬がそうなってしまうとつまらない。
僕がディープインパクトにイマイチ魅力を感じなかったのはそのあたりです(めちゃくちゃ強い馬だということは認めてますが)。

重要なのは、単にレースを壊すのではなく、「壊れたレースを創る」ことです。
人気馬を潰すことができたとしても、自分の馬が優勝馬の遥か後方でゴールするようでは、それは無謀な騎乗でレースを壊しただけということになってしまいます。
92年の菊花賞で、キョウエイボーガンでミホノブルボンのハナを叩いた騎乗が批判されまくったのはそういうことでしょう。

百通りのレース展開の中で、自分の馬が勝てそうな展開がひとつしかない場合に、そのひとつを本番に持ってくる、それが「壊れたレースを創る」ことだと思います。
そんな感じで、人気薄の馬の騎手にレースの壊し合いをしてほしいんですが、実際にそれができる騎手はほんの一握りだと思います。
横山典騎手はその一握りの騎手だと思うので、おとなしく逃げて人気馬の名勝負のお膳立てをするのは物足りないなと思いました。

URL | p4p. #tS/D58TE
2008/05/08 13:20 | edit

ご両人さま

いいレース=勝つ競馬とならないところが、なんともはやです。確かにレースが壊れると穴が生じやすいし、何だかなあと言う結果が多いような気もします。
しかし、p4p.さんの仰る通り、「壊れたレースを“造る”」となると、そこには騎手の勝利への執念、1着への渇きが見えてきます。奇策はやぶれかぶれとは違います。あくまで「勝利」が前提にあり、次に策があるのではないでしょうか。
今回の天皇賞に限れば、横典のホクトスルタンは自分れレースを作って4着に粘りました。ペース配分達者の横典らしい騎乗ではありましたが、結果的に先着を許したのは人気3頭。ほんのわずかな差です。故に、もう1枚扉を開いていれば、逆転まであったかもと思うのです。横典には壊れたレースを造る意志はありましたが、しかし造りきれなかった結果ではなかろうか。それができる数少ない騎手なので、あえて苦言?めいたことを書いたのであります。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2008/05/08 18:52 | edit

レースを壊す、の定義ですよね。
古くはプリティキャスト、p4p様の仰られたイングランディーレ等は「壊れたレースを造り」勝利者となり、栄光を手にしたわけですし、騎手冥利に尽きる素晴らしいレースでした。
さて、私の言ったレースを壊す、ですが、例として挙げさせていただいたのがトールポピー池添とリトルアマポーラ武幸四郎が4角最後方から大外まわし、互いに馬体をぶつけ合って伸びきれないでレースが壊れた桜花賞だったり、ショウナンアルバが折り合いに拘り過ぎて持味を完全に殺し、ただ前を残した結果になった皐月賞だったり。

仰るような人気薄の馬が波乱を呼ぶようなレースが「壊れたレース」なら、有力馬が実力を出さずに潰れるのも「壊れたレース」だと思うのです。

それで、ホクトスルタンですが、果たして「奇策が必要な格下馬」だったのか「正攻法で力をぶつけるべき有力馬」だったのか、という事です。
結果をみれば完敗と言える4着でした。ならば奇策が必要な格下馬だったのかもしれません。
しかし私は、現時点はともかくとしてホクトスルタンには将来的に「いつでもかかってこい」という横綱競馬をするだけの可能性を感じています。

相撲で言うならば、ベテラン横綱を若い大関が奇策をもって闘うのか、正面から闘うのか、というのに似ているかもしれません。

横山典が先々を考えたのかどうかはわかりませんが、正攻法のレースをした事がそんなに間違った選択ではなかったのではないか、といいたかった訳です。

勿論私も、杓子定規な競馬など求めていません。

ただ「プロの騎手」の業と「アスリート」の純粋な力比べを壊してほしくない、という気持ちなのです。

URL | Heaven #-
2008/05/08 21:13 | edit

僕の言う「壊れたレースを創る」は、普通に乗っても勝ち目のない馬を勝たせるためにレースを壊す試みのことです。
「勝利への執念、1着への渇き」がなければ無意味です。
例えば普通に乗れば大崩れはないが勝つ確率は1%、大逃げすれば惨敗の確率が90%だが勝つ確率は5%だとします。
こんな状況で、勝つ確率だけに執着して大逃げを選ぶ騎手がもっと多くてもいいんじゃないかと思うわけです。

普通に乗れば好勝負できそうな馬で極端なレースをしたり、これまで通りの騎乗法を変える必要のない馬で違った乗り方をするのは、多くの場合騎乗ミスと言ってよいと思います。
トールポピーとリトルアマポーラの騎乗は「やってしもた」という感じでしたし、ショウナンアルバの騎乗は大レースで暴走を恐れて小さくまとまってしまう典型的な例です。
奇策の結果ではなく、単にヘタクソに乗ったせいでレースが壊れたということでしょう。

ホクトスルタンですが、Heavenさんの意見はなるほどです。
将来的にG1で有力馬になれるほどの素材なら何度か正攻法で力を試して、頭打ちになれば奇策を試みればいいと思います。
まだ4歳春ですし、現時点で奇策を要求するのは早すぎるかもしれません。

URL | p4p. #tS/D58TE
2008/05/09 11:42 | edit

p4p.様コメントありがとうございます。
結果の出てしまった事ですから「ああしておけば良かった」とか「いや、あれで良かった」なんて言うのは正解が導けるとも限らない話でしたが、勝つために最善を尽くすべきというご意見は至極もっともだと、私も思います。

しかし、有力馬や人気馬でも、普通にやったのでは…という場面でレースや固定観念を壊せる騎手とは中々居ないものですよね。
そんな中にあって、京都大賞典で走る気を失いかけたスペシャルウィークを秋天皇賞以降最後方待機という戦略で甦らせたり、勝ちきるのに少し足りないトゥザヴィクトリーを時には逃がし、時には追い込ませその甘さを誤魔化した武豊騎手というのは、何だかんだ凄いと私は思うわけです。
トゥザヴィクトリーにせよダンスパートナーにせよタニノギムレットにせよ、武豊騎手と四位騎手がまたがった馬達ですが、その戦績には差が出た訳で。
ウオッカにしても、現状一介の追い込み馬ですが、武豊騎手なら新味も出てくるのでは、と考えております。
四位騎手も少し人気の無い馬を持ってくる力はあるんですけど…。


話が少しズレてしまいましたが、近年では「レースを壊せる騎手」というのは、誰も文句を言えない武豊騎手か、文句が通用しない田原元騎手くらいしか居ないのかもしれない、と思ったりしてしまう訳です。
私が言った意味での「レースを壊してしまう」騎手は多々いるようですが。

URL | Heaven #-
2008/05/09 16:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/605-8f1df366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。