スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

February Sのあれこれ。  

ダイワスカーレットが目を負傷して回避。ついでにドバイ遠征もなくなった。脚じゃないのが幸いかもしれないが、松国厩舎の馬はよく故障する。復帰は何時頃になるだろうか。
ダイワに乗る予定だったアンカツはサンライズバッカスかと思いきや、こちらも回避。何に乗るのか気になる所だったが、何故かドラゴンファイヤーに決まった模様。一応有力馬。前走は福永(こちらも何故かメイショウバトラー)や勝春も空いていたはずだが、さすがに調教師の信頼厚いアンカツ。このタイミングでも、きっちり有力馬を掻っ攫った。
驚くべきはノボトゥルー。御歳12歳。出るのか?6度目のフェブラリーS。初出走の2001年は優勝したが、その後は3、6、9、14と出るたびに着順を落としている。14が15着だったら、世界のナベアツだったのに(3の倍数云々のネタ)。どうでもよいが、流石に今年も無理だろう。
ロングプライドの鞍上はフェブラリーSと相性が良いペリエ。馬の脚質的には手が合いそうではあるが、いかんせん地力が疑問。ただきさらぎ賞でもマジックが炸裂したし、波に乗った時のペリエは本当に手がつけられない。人気次第では押さえるべきか。
ちょっと怖いのは角田の乗るクワイエットデイ。角田のGIでの勝負強さは周知の事実で、総勝利数に対して、GI勝ちの割合は多分トップクラス。クワイエットデイとも相性が良いし、何故か勝っても人気しない人馬。父はサンデーだし、終わってみれば「やっぱりサンデー」的な結末があっても不思議ではない。
藤田のデアリングハートは前走のTCK女王盃競走において一応のダート適正は示してくれたが、このメンバーに入ってどうかが難しい。芝からスタートする府中のダートマイルはベストだとは思うのだが・・・。内枠ですんなり行ければあるいは残り目もあるか。
一番勝ちやすそうに見えるのはワイルドワンダーだが、友人曰く「前走、予想外に仕上がりすぎていた」とのこと。反動がなきにしもあらず。以外に反応しない場面も考えられる。
忘れていたがヴァーミリアン。以外にもマイルの経験は一度きりで、それが一昨年(2006年)の当レース。本格化する前ではあったが5着に敗れている。無論こなせるとは思うが、体調不良で川崎記念を回避したローテーションは楽観視できまい。陣営がドバイの叩き台と甘く見ているならば足元を掬われる可能性は充分ある。重賞でイマ四状態が続く武豊も・・・。
ダート初挑戦のヴィクトリーはダートは走れそう。ただ前走殿負け(JC)で休み明け。馬に実が入っているやら。精神的にも不安だ。

遊びでクワイエットデイから少々流してみたいと思う。
スポンサーサイト

Posted on 23:22 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

ダイワスカーレットは怪我なので仕方ないとして、他のドバイ回避馬の陣営は本気で遠征する気あったんでしょうかね?
検疫や輸送について予めあらゆる可能性を考えて、それでも行けそうだと踏んでから遠征を口にすべきでは?
「馬への負担を考えて」とか言うと聞こえはいいですが、実際は陣営の情報収集不足、認識不足。

本気で遠征してくれるヴァーミリアンとウオッカが出走する今週末は楽しみです。
日本の馬券を買えない身としては、どちらも勝ってドバイに行ってほしいです。

ところで、シルクビッグタイムは追加登録しときながら、選ばれたら「やめます」って、一体何?
僕が主催者なら、こんな陣営はブラックリストに載せます。

URL | p4p. #tS/D58TE
2008/02/21 13:45 | edit

選ばれる・選ばれない、と言うことに勝手な価値観を持っているのかもしれません。登録→選出となれば、箔が付くと言うか、自己満足できるというか。「どうだ、選ばれたぞ」って優越感に浸りたかったりするのかなぁ(んな安易なことはないか)
ただ、海外遠征の経験や実績がない陣営は、言うだけ言ってやらないパターンが多い気がします。例えば森厩舎や角居は、言ったら結構行っちゃうことが多い。無理でも行かねば勝てないって、実感として持っているのでしょう。
あと、日本の厩舎陣は圧倒的に情報収集能力に劣っている感じはあります。ディープの凱旋門賞を見れば、あれだけの厩舎と言えどもお粗末としか言いようがない失態でしたし。

勝つ負けるの前に、やらなきゃ行けないこと、勉強しなきゃいけないこと、変えなきゃいけない意識が山ほどあるのでしょう。

URL | タカアキ #-
2008/02/22 23:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/566-43b66c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。