スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ちょっと昔の話。  

日本時間2月4日未明、アメリカはアリゾナにてNFLのスーパーボウルが行われる。日本ではアメフトはどちらかと言えばマイナーなスポーツになるだろうが、アメリカではもっとも人気のあるスポーツ。特にこのスーパーボウルともなると、その人気、経済効果は桁外れだ。どれくらい凄いか。身に覚えがある事柄で比べてみる。
一昨年、僕はアメリカ最大の競馬イベント、ケンタッキーダービーを観に行った。この際、ケンタッキー州ルイビルのモーテルに泊まったのだが、その宿泊料に度肝を抜かれた。オフシーズンだったら$60前後の部屋が、ダービーバブルで$285に跳ね上がっていたのである。実に4倍強。あこぎな商売だなぁと思ったが、スーパーボウルはもっとえげつない。今年、アリゾナのとあるホテルではオフシーズンならば一室一泊$90が、なんと30倍にもなっているというのである。しかも驚くのは、それでも軒並み満室になっているらしい。恐るべし、スーパーボウル人気。

僕自身、もちろんアメフトの何たるかなど知る由もない。アメリカでp4p.さんからチロっと話を聞いた程度で、語るべき情報もない。が、昨晩テレビで放映していたスーパーボウル特別番組を見ていて、ふと感じたことがあるのだ。

今年のスーパーボウルは、シーズン~プレイオフともに無敗で勝ち上がってきて、史上2チーム目のパーフェクト優勝を目論むThe New England Patriotsと第5シードながら番狂わせを演じてきたNY Giantsの一戦となった。この2チームはシーズン最終戦で一度戦っており、その時は苦しみながらもPatriotsが勝った。今回のスーパーボウル、簡単に言えば磐石の王者チームvsリベンジを誓うミラクルチームと言う、何とも漫画的な構図なのだ。
これを見て思った。
「高校時代、似たようなことがあったなぁ」

僕の中~高校時代は、バスケットボール一辺倒だった。高校受験も適当に、バスケが強い高校へ進学した。中学が弱小だったため、どうしても強いチームに入って「優勝してみたい」と言う想いが強かったのである。
死ぬ気で練習したおかげか、運良く1年生ながらにスターティングメンバーになることができた。チームとしても、先輩が少ないながらもそこそこの所まで勝ち上がることができて、自分たちの世代になったら、優勝も夢ではない手ごたえを感じていたのである。
2年生に進級し、僕らの世代が中心の新チームになった。粋のいい1年生も加入し、今年こそのスタートを切ったにみえた。ところが、そう上手くはいかないのが現実。格下相手にまさかの連敗を喫し、チームに不穏な空気が充満したのである。
続く大会では、前回の成績が悪かった故に優勝チームS高校と同じブロックになってしまったのである。決勝トーナメントに進出するためには、ブロック5チーム中で上位2位までに入らねばならない。そのためには、S高以外には絶対負けられなかった。
チームの建て直しに成功した僕らは連勝を重ね、ブロック天王山であるS高校との一戦を向かえることになった。ここまでS高は100点ゲームを続けており、下馬評は圧倒的にS高有利。
ところが風評とは裏腹に、試合は一進一退の攻防だった。取っては取られを繰り返し、王者S高を追い詰めた。が、あと一歩で力尽きて、最終的に9点差で敗れてしまった。それでもかつてS高をここまで苦しめたチームはなく、負けても僕らは大きな自信を得たのだった。
次、S高校と戦うためにはトーナメントの決勝戦まで行かねばならない。僕らはリベンジを胸に、決勝トーナメントを勝ち上がった。

そして運命の決勝戦。トーナメントでも圧倒的な強さを見せ付けてきた第一シードのS高校。ノーシードながら2つのシード高校を破って勝ちあがった我が母校。この展開、今年のスーパーボウルに似ていると思いませぬか?
さて、この決勝戦、まさに漫画的な展開を見せた。僕らは終始リードされながらも、何とか喰らい付いて行き、残り0.2秒でキャプテンが同点ゴールを決めて劇的に延長突入。その余勢を駆って、その延長戦をもワンゴール差で押し切ったのである。事実は小説よりも奇なり。

という事で、今年のスーパーボウル。ほとんどの評論家がPatriots優勝を予想している中、僕はあえてGiantsのミラクル優勝を予想してみる。頑張れGiants!
スポンサーサイト

Posted on 14:35 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 2

コメント

本当に勝っちゃいましたね!

URL | HeijitsuQ #-
2008/02/04 13:22 | edit

本当に驚きました。
試合を見ていないんで何とも言えませんが、ニュースで確認した限り、劇的な逆転劇だったようで・・・。

物語にするとチープになるかもしれませんが、これが現実の出来事なのですから、やはり事実は小説よりも奇なり、ですね。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2008/02/06 07:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/557-01b5a6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。