スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ズレ。  

先日netkeibaのニュースを見て驚いた。なんとディヴァインライト産駒がフランスの重賞を勝ったというのである。2歳の1000戦とはいえ、日本の重賞未勝利馬の産駒が仏重賞を勝つとは、繁殖と血統、競走成績の因果関係はつくづく分からない。

ちなみにディヴァインライトの日本の産駒はわずか3頭しか登録されておらず、ディヴァインシチーが2勝を挙げるにとどまっている。この差は一体どうしたことだろうか。
そういえば、シャトルとして海外で種牡馬活動を送った馬の産駒が、結構活躍している。
日本ではイマイチイマニの産駒しか出していないジェニュインは、豪GI馬Pompeii Rulerを出した。めっきりダート専用、地方御用達種牡馬として認識されているタヤスツヨシも豪GI馬Hollow Bulletを、同期のダンスインザダークに種牡馬成績で大きく差を付けられているバブルガムフェローはシンガポールでGI馬Rockabubbleを、未だ大物出現に至っていない国際GI馬アグネスワールドも豪GI馬Wonderful Worldを輩出しているのである。

サンデーサイレンス亡き後(それ以前からでもあるが)、社台をはじめとした生産界はNEXTサンデーを模索して、次々と高額種牡馬を輸入している。その最たるものは米二冠馬ウォーエンブレムであろうが、今のところ期待外れもいいところか。二年目はグッと産駒も増え、結構話題の馬もいるようで、今年こそ真価を問われる。僕もPOGで一頭指名したが、はっきり言えば期待はしていない。現在の稼ぎ頭クランエンブレムを見る限り、日本の馬場に合いそうな大物が生まれる感じがしないのである。
一方ではキングカメハメハやシンボリクリスエス、ジャングルポケット、タニノギムレットなど非SS系種牡馬が台頭し、種付け料は高沸している。特にシンボリクリスエスは、血統的に考えても日本には合わないだろうと思うのだが、産駒は軒並み高額で取引される。先週の新馬戦でクリスエス産駒で5本の指に入るであろう評判馬ダノンマスターズがデビューしたがまるで駄目だった。ただ一戦で判断するのは時期尚早かもしれないが、続く産駒たちにも危険な香りはある。むしろ、ファルブラヴの方が良さそう。ま、まだ一頭勝ちあがっただけだが。

話が逸れたが、日本の生産界はディヴァインライトやバブルの子が海外重賞を勝っている現実をどう感じているのだろうか。単なる偶然と片付けるのか、適正の差で切って捨てるのか、あるいはレベルが低いと見下すのか。
昨年ハンガリー競馬に行った時、日本生まれのエリシオ産駒を出馬表に見つけた。名前はずばりNIPPON BOY。確かノーザンファームの生産馬だった。エリシオも鳴り物入りで種牡馬入りしたが、全然結果を残せなかった。今でこそポップロックがいるが、すでに見限られ売却されている。
エリシオ産駒が駄目だということは何となく知っていたので、まさかハンガリーでその子が走っている事実にはただただビックリした。しかもかなりの酷量を背負わされていた記憶がある。レースは見せ場もなく惨敗したが、僕は何となく懐かしさのようなものを感じて、ついつい馬券を買って応援したものである。

現在、リーディングサイアーはサンデーサイレンスである。残った産駒は相変わらず活躍しているということだろう。そしてBMS、母父もリーディングはサンデーサイレンスと言う事実。この血の偏りに、日本はどうやってけじめを付けるつもりだろうか。
来年以降も父サンデーの馬が続々と種牡馬入りする。列挙すると2008年はネオユニヴァース、サクラプレジデント、チョウカイリョウガ、メジロベイリー、2009年はデュランダル、ゼンノロブロイ、コイントス、シックスセンス、ボーンキング、スパイキュール、アドマイヤマックス、ウインラディウス、チアズブライトリー、トーセンダンス、ウインデュエル、ミスキャスト、2010年はディープインパクト、ハーツクライ、スズカマンボ、リンカーンと、まさに群雄割拠状態である。ゲームでもこんなに偏らない。
加えて書いた通り、活躍している繁殖牝馬の多くも父サンデー。交配しようがない。シャトルってのは、その救済措置の一面もあるのだろうか。

結局何が言いたいのか分からなくなった。ただ、こんな行当たりばったりの競走馬生産をしているのは、日本だけなんじゃないかなぁと思ったわけで、そのズレが世界における日本の競馬を浮いた存在にしていんじゃなかろうか、と感じたのだった。
スポンサーサイト

Posted on 00:04 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

記事とは関係なくて恐縮ですが、私のBlogにリンク貼らせて頂きました(今更・汗)。
現在はケータイ版だけですが、準備ができましたらPC版も貼らせて頂きます。
御了承よろしくお願いです(^o^;)

URL | Heaven #-
2007/07/13 19:30 | edit

OKす。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2007/07/15 10:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/500-e9e9b28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。