スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ベールを脱ぐ。  

宝塚記念も終わって、競馬気分的には夏休み。それが例年のパターンであった。もちろんちょこちょこレースは観るし、買いもするが熱を入れるようなことはなかった気がする。だがしかし、今年は一味違う。昨年から始まったサマースプリントシリーズ。その名の通り、5つのスプリント戦の勝敗ポイントを競い、夏の短距離王を決めるイベントである。昨年はシーイズトウショウが貫禄の優勝を飾った。夏競馬とて馬鹿にできないもので、シーイズトウショウはこの後スプリンターズS、香港スプリントへ出走し、初代優勝馬としての面目を保った(保っただけに終わったが)。空洞化が叫ばれている日本スプリント界だけに、思わぬ原石、素質が誕生するやもしれない。

さて、開幕戦の函館スプリント(函館芝1,200m)。ついにベールを脱ぐスプリンターが登録してきた。前走約3年ぶりの1,200mでまさかの大激走を見せたエイシンツルギザンである。
僕はこの馬はずっと「スプリンターだ」と訴え続けてきた。幸か不幸か、3歳時にニュージーランドトロフィー、NHKマイルの両マイル戦を好走してしまったが故に、ずっとマイル~1,800mを使われてきた。が、父「サクラバクシンオー」を考えればそれがいかに無謀だったか分かる。逆に言えばマイルをこなせていたのはツルギザンの素質が故であり、素質+適正を考えれば、日本の短距離界のエースになってもなんら不思議はないはずだ。久しぶりの短距離で大いに戸惑いもあっただろうから、一度使っての今回は狙い目充分。
藤原英厩舎という事で、藤田鞍上を期待したがどうやらアンバージャックに乗る模様。では手が合っている横典でと思ったが、こちらもアドマイヤホクトらしい。前走乗った福永は騎乗停止。となると松田か?だったら良かったな、松田。重賞ゲット、そして秋にはGIウィナーの仲間入りができるだろう。

■参考レース(淀短距離S・芝1,200m)
スポンサーサイト

Posted on 19:35 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/497-00b7d56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。