スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ゲームで滅茶苦茶強かった馬。  

僕は基本的にゲームはやらない。理由は苦手だから。ただそんな中にあって、唯一つだけ寝る間も惜しんでやりこんだゲームがある。PC版のWinning Post6と言う競馬シュミレーションゲームだ。プレイヤー(自分)がオーナーブリーダーになって、配合を考え、生産、育成、調教し、レースに出走させていくという至ってシンプルなゲーム。ゲーム時間にして、かれこれ250年位やっているだろうか。今でも時々やることがある。もっぱら、日本馬が海外レースに挑戦して惨敗した時、腹いせ紛れに自分の馬で海外のBIGレースを圧勝してやる。痛快だ。

スタート直後は、現役の馬が種牡馬や繁殖で登場する。好きだった馬同士の夢の配合が実現するのも、このゲームの楽しみである。ちなみに、WP6では、現実では駄目駄目のウォーエンブレムやテイエムオペラオーが種牡馬として大活躍する。
僕も実在ホース同士で色々な配合を試した。中でも最も最強だった配合が、アドマイヤベガ×ブゼンキャンドルで、牝馬ながらに皐月賞とダービーを圧勝した。早熟すぎて夏頃にはすでに能力が低下してしまったが、その切れ味たるやゲームとは言え反則だった覚えがある。

そして今年の2歳に、なんと僕がゲームで試したアドマイヤベガ×ブゼンキャンドルの産駒がいるではないか。ダノンインスパイアと言う牡馬で、美浦・加藤征厩舎に所属している。これは…!!
アドマイヤベガはすでに亡く、今年の2歳がラストクロップ。死んだ種牡馬の子供は走ると言われるだけに、数あるSS系サイアーの中でも注目すべきだろう。

この馬、POGで取ろうかなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 23:35 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/485-24f15466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。