スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

傍流。  

今年のPOGのテーマはずばり「傍流」。指名馬をご覧いただければ一目瞭然だが、サンデーサイレンス系は一頭もいない。○外・持込馬、思い入れの血統、海外基準、一発逆転…そんなイメージで選んだ馬ばかりである。説明はこれくらいにしておき、早速紹介したい。

エーシンピークブイ 牡 2/15生 黒鹿毛 藤原英厩舎
(父エイシンプレストン 母ヴィデオピアノ 母父Fappiano)
現役最愛馬エイシンツルギザンの弟。ツルギザン意外の産駒はまるで走っていないが、ツルギザンと同じ藤原厩舎、そして父がエイシンプレストンと言う辺りに、生産者・馬主の意気込みが感じられる。比較的早生まれなので、早期からの活躍に期待したい。できれば朝日杯FSに間に合ってくれ。

カジノドライヴ 牡 3/7生 栗毛 藤沢和厩舎
(父Mineshaft 母Better Than Honour 母父Deputy Minister)
何度も取り上げたJazilの弟。POG関連本でも相当に話題になっており、人気もするだろう。ただ、僕は正直言えば地雷の可能性が高いと思っている。日本への適正、そして新種牡馬のMineshaftも未知だからである。ただ、そんなことはどうでもいい。この馬を取らなければJazilに申し訳が立たないのだ。

ロードヴォヤージュ 牡 3/18生 栗毛 北出厩舎
(父Nayef 母ヴィアキャンプ 母父Kris)
ただ一頭しか登録されていないNayef産駒。もう賭け意外の何物でもない。血統的に考えたらまず日本では走らないだろうが、まあいい。だって、この馬でダービーに出走したら格好いいだろう。距離は持ちそうだから、あとは素軽さがあるかどうかなのだが。

Zanellaの2005 牡 3/24生 鹿毛 厩舎未定
(父Peintre Celebre 母Zanella 母父Nordico)
こちらも一頭しかいないPeintre Celebre産駒。凱旋門賞をレコード勝ちしたように、血統こそ重いがスピードは日本向きだと考える。日本での産駒を見る限り、芝・ダート共に中距離辺りがベストパフォーマンスを示している。ちなみに持ち込みではなく、○外のPeintre Celebre産駒はこの仔が初になる。まさに勝負。

Sparky's Songの2005 牡 4/28生 黒鹿毛 角居厩舎
(父Montjeu 母Sparky's Song 母父Electric)
2008年ダービー馬考でもちょっと触れたMontjeu産駒。馬主がサウスニアから名前を変えた「広尾サラブレッドクラブ」。名前の怪しさは、ある意味Montjeu産駒の是非より怪しいものがある。期待する部分は調教師・角居のスパルタ調教か。きっかけ次第でMontjeuの子供も日本でブレイクするとは思うのだが。

タムロチェリーの2005 牡 4/16 栗毛 厩舎未定
(父フォーティーナイナー 母タムロチェリー 母父セクレト)
これはもう思い入れ意外の何物でもない。初仔を指名すると言うのは、僕とタムロチェリーの見えない約束である。走る走らないは二の次。この馬がいることだけで満足なのだ。母同様、小倉でデビューするのだろうか。出来れば新馬戦を見に行きたいなぁ。

エアモイラ 牝 4/3 鹿毛 小島茂厩舎
(父グラスワンダー 母エアリング 母父ダンシングブレーヴ)
エアリングの初仔。母の現役時代は知らないが、この母から走る子供が出る、と推測する声もある。産駒がデビューして以降、毎回のようにグラスワンダーの産駒を指名しているが、いまだ一勝も挙げていない。今回こそ、と祈りつつ。母父ダンシングブレーヴも勢いあるので期待できるのでは?

インディゴライト 牝 4/5 鹿毛 手塚厩舎
(父ファルブラヴ 母ブルーラスター 母父Nureyev)
姉のフォトジェニーを指名していた。さらに兄にはグラスボンバー。とにかくズブイ一族。そこにこれまたJCでもズブイ所を見せたファルブラヴの配合。ズブズブになりそうな予感がある。ただファルブラヴはトニービンに似ているとの評判あり。もしかしたらもしかするか。東京マイル辺り、走りそうな印象である。

ヘンティル 牝 5/2生 栗毛 岡田厩舎
(父タイキシャトル 母タイキクリスタル 母父Miswaki)
タイキバカラの妹。父がタイキシャトルに変わり、タイキ×タイキの配合が興味深い。世界を制した父だけに、もっと繁殖が集まってもいいような気がするのだが、どうもパッとしない。G1馬も出しているのに、だ。ただ、この産駒は何故か走りそうな気がした(贔屓目だが)。父よりスプリント志向が強そうではあるが。

いかがだろうか。まさに異端、まさに傍流、我ながら無謀な布陣だと思う。勝つ気があるのか、と問われたら無論「ある」と答えるが、自信は全く無い。負けても命を取られるわけでもなし、楽しむのが一番だろう。
ちなみに10頭制で争っているので残り1枠余っているが、それは現在保留中ということで。○外に行くか、せめて一頭位はSS系に行くか、最後の一手も夢を見るか。またオグリキャップの子供でも指名するかなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 00:59 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/475-ce416294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。