スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

蘇る金狼。  

4は死であり、志であり、詩である。
ダービーでは狙っていた2頭、フィニステールとドリームジャーニーが4枠に入った。ジャーニーは出遅れ癖(騎手の?)があるためもう少し外の方が良かった印象もあるが、フィニステールは絶好枠だろう。スッと出て、埒沿いを陣取り、じっくり我慢。直線で粘りこむイメージが沸く。後は藤田の豪腕次第と言ったところか。
藤田と言えば、一度死んだ男である。昨年末、暴行事件があり3ヶ月の騎乗停止を喰らった時は、「もう競馬場に居場所がなくなるかも」と案じたが、復帰後の活躍は目覚しい。てっきり反省の意味も込めて頭を丸めてくるかと思ったが、狂おしいほどの金髪は健在だった。これをして、「人としてどうか」「反省しているのか」と言う意見も多々あったが、一ファンとしては“らしさ”は消えていなかったと苦笑いするしかなかった。すでに中央地方合わせて重賞3勝、G1でもたびたび馬券に絡んで穴を空けている。完全復活まで後一歩。それを飾るにダービーはまさに打ってつけの舞台だ。

負けられない相手筆頭はローレルゲレイロ。鞍上を巡ってすったもんだがあったが、結局藤田はゲレイロを選ばなかった(先約があったと言う話だが)。騎手にとって降りた馬が勝つことほど屈辱はない。それがましてやダービーともなればなおさらで、先着されようものならばいい恥さらし。意識しすぎる必要もないが、ゲレイロがあまりに人気がないので逆に怖い。稀代のシルバーコレクターだけに、ここでも2着に顔を出さないとも言い切れないだろう。

枠の因縁と言えば、ウオッカとヴィクトリーか。ウオッカは父タニノギムレットがダービーを制した2枠3番。ヴィクトリーは皐月賞を制し、かつ父ブライアンズタイムの初年度にして最高傑作ナリタブライアンがダービーを勝ったのと同じ8枠17番。さらに言えば、同じくブライアンズタイム産駒で二冠を勝ったサニーブライアン同様、皐月→ダービーを同じ枠で走ることになった。いささか出来すぎた感もあるが、こんなジンクスが結構生きてしまうのもダービーならではだろう。

1番人気のフサイチホウオーは最内だった皐月賞から一転、外目の7枠15番に入った。最後足を余した皐月賞を見る限り、この枠は歓迎か。ただ気になることと言えば、ダービーの15番ゲートは過去73回で1勝しかしていない点か。第59回、ミホノブルボンが制したきりである。現在の18頭立てになっては枠云々は関係ないかもしれないが、こんなデータもダービーと言うことで気にしてみたい。同じ7枠だったら、フサイチコンコルドが勝った13番の方が縁起が良かったかもしれない。

【展開推理】
外枠から逃げる(あるいは2番手?)のヴィクトリーを終始内埒からロックオンするフィニステール。それを横目にローレルゲレイロ。ホウオーは後方3番手辺り。ドリームジャーニーはやっぱり出遅れてシンガリから。ウオッカの四位は距離を気にして押さえ気味、フサイチの4頭ほど前で進める。
ちなみにタスカータソルテの武豊は、アドマイヤオーラだけには先着する騎乗を狙うと思う。ダービーの結末とは別に、この戦いにも注目したい。
最後の直線。追い出し始めるヴィクトリーよりワンテンポ早く、フィニステールが仕掛ける。イメージはトウショウボーイを出し抜いたクライムカイザーだ。完璧にタイミングを逸したヴィクトリーだが、さすがは皐月賞馬。そう易々とは沈まない。ローレルゲレイロもギリギリまで追い出しを我慢している。大外からホウオーが、さらに外からドリームジャーニーが突っ込んでくる。馬群を割って来るのはウオッカか。ゴールまでラスト100m。粘るヴィクトリー、食らいつくフィニステール。ホウオー、ドリジャ、ウオッカもいよいよトップギアに入った。永遠の無呼吸運動。さらにもう一頭、道中は完全に死んだ振りを決め込んでいた横山典のフライングアップルが猛然と追い込んできた。最初に苦しくなって息継ぎをしたモノから脱落する。ヴィクトリーの二冠か。ホウオーのリベンジか。ウオッカの快挙か。あるいはフィニステールの大物喰いか…。
とこんなレース展開になれば、多分馬券は当たるだろう。新装府中で最初のダービー。新緑の戴冠を果たすのは、誰?

【馬券】
???の三連単BOX。
?一頭軸から??????へ三連複。
?から??????へ馬連。
?の単複。
今年もやっぱり藤田と心中。こんだけ買い続けているんだ。そろそろ美味しい思いをさせてもらいたいものである。
スポンサーサイト

Posted on 23:45 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 3

コメント

?サンツェッペリンは切りましたか…。
皐月賞の着差の割に人気には差が出ましたが。

逃げ馬は 人気無いから マイペース

思わずこんな俳句をしたためてしまいつつ。

URL | Heaven #-
2007/05/25 23:56 | edit

そりゃ川柳やな、季語ないし(笑)

サンツェッペリンは確かに迷いましたなぁ。いっそ皐月賞123着馬券も買っておこうかしらん。あとフィニスとの馬連も。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2007/05/26 00:25 | edit

サニブーの時の皐月賞2着馬は忘れもしないシルクライトニング。
ノーリーズンの時はタイガーカフェ。

そう考えるとサンツェッペリンの人気の無い理由も伺えてきますが…。
まさか控えないですよね?
買う理由としては「前に行くから」と言うのが一番に来ますからね。

URL | Heaven #-
2007/05/26 00:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/468-485be6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。