スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自信。  

オークスは地元でTV観戦。カタマチボタンから大勝負しすぎて、馬券的には問題外。今に始まったことではないので、もう反省も後悔もしません。

オークスを勝ったローブデコルテは父Cozzeneの○外。産駒の傾向的にはスプリント~マイル路線での活躍が目立ったが、予想外に府中の2,400mを強い勝ち方で乗り切ってしまった。一概に2,400と言っても、3歳牝馬のレースだけに即適正云々を語るのは危険かもしれないが、来週を見据えた上でCozzene産駒のローブの勝利は非常に自信になった。と言うのは、ダービーで重い印を打とうとしている馬に関係あるからだ。父にダンスインザダーク、母父にCozzeneを持つフィニステールである。
以前、ナタラージャを捨て、フィニステールで青葉賞に出走することになった藤田に対して、「血迷ったか」と書いた。先約や厩舎の繋がり等々あろうが、ダービーを狙う上でDID産駒の2頭を天秤にかけ、母父Cozzeneのフィニステールの方を選んだのは暴挙としか思えなかったのである。
青葉賞ではナタラージャに不運があり競走中止、フィニステールは藤田の好騎乗もあり3着に滑り込んでダービー出走権を獲得した。この結果だけを見ればフィニステールを選んで正解だったと言えなくも無いが、それでも本番への見通しが立ったわけではなかった。母父Cozzeneがどうしても引っかかっていたのである。
そこに来て、Cozzene産駒によるオークス制覇の波。述べた通りに2,400mにおける牡馬と牝馬のレースを同列に置くのは危険極まりないが、少なくとも「走れないことはない」という証明はひとつできた。血統に縛られる必要はない、と。
ところが逆に気になることもある。長距離では走る、とされている父ダンスインザダークの府中2,400mへの適正である。今年のオークスでは4頭出走し、7、8、10、13着と揃って討ち死。ダービーにしても、最高はザッツザプレンティの3着があるにはあるが、総じて良い成績を残してはいない。これはダービーを勝てなかったダンス自身の呪いだろうか。そんな呪縛を解くものがあるとすれば、そのダンスをダービーで負かした藤田しかいない、と信じているのだが…。
スポンサーサイト

Posted on 20:57 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/464-f227e485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。