スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

TMOの生きる道。  

種牡馬として全く成果を挙げていないテイエムオペラオー。名馬が必ずしも名種牡馬になるわけではないことは、過去の歴代の馬たちが悲しいかな証明している。が、オペラオーの場合は種牡馬としての環境が悪すぎる。
種牡馬入りした際、シンジケート問題であれこれ揉めたらしく、結局は竹園オーナーが自分の牧場で繁用することにしたらしいのだが、その本拠地は九州。種付け相手も大半が「テイエム」の馬で、競走馬のほとんどもテイエム冠名で走っている。そこから走る馬を出せ、というのは幾らなんでも無謀すぎやしないか。競走成績に見合った種付け料を取りたい気持ちは分からなくもないが、そこをごり押しして種牡馬としての可能性を摘むのはいささか職権乱用である。

土曜京都6レース、3歳500万下、芝2000m混合戦。勝ったのは牝馬のミスベロニカと言う馬である。この馬は父がテイエムオペラオーだが、生産は天下のノーザンファームという変り種。2004年度産駒唯一のノーザンファーム産のオペラオー産駒なのだ。レース自体は見ていないが、ネットの掲示板を見る限り中々の器っぽい。気の早いオペラオーファンは、秋はG1を取れると評するほどだ。
普段は社台・ノーザンF系列の馬ばかりが活躍する昨今の競馬に辟易している僕だが、こういう結果を見てしまうと「育成、生産ってのは大事だな」と痛感してしまう。ワンシーズンのお試しでもいい。社台ファーム、ノーザンファームにオペラオーを預けてみるのも面白いかもしれない。竹園オーナーだってもう死ぬほど稼いだんだし、どんな種付け料だって構わんでしょうが。
ちなみに2005年度産駒にも、ノーザンファーム生産のオペラオー産駒が一頭いる。こちらはキャロットクラブの募集馬らしいが、今のところ一口の売れ行きは芳しくないらしい(厩舎もイマイチとの評価)。それよりも追分ファーム生産、昨年の菊花賞馬ソングオブウインドの下の方が期待大か。
何はともあれ、ミスベロニカの次走は注目したいと思う。
スポンサーサイト

Posted on 05:24 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

テイエムオペラオーが競走成績に見合った評価(というか、馬主が期待する評価)を得られないのは「テイエム」という冠名によるところが大きいので、オーナーの自業自得です。

URL | p4p. #tS/D58TE
2007/05/13 13:10 | edit

確かにそれは大いにありますよね。しかも本来、TMならばティーエムだろう、と。テイエムて、中学校の英語のじいちゃん先生じゃあるまいし。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2007/05/13 16:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/458-c3ae5b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。