スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

一兎を追って、二兎を得る。  

昨夜新聞を読んでいると、ローレルゲレイロを管理する昆調教師の気になるコメントが掲載されていた。よると、皐月賞の後はNHKマイルCに向かう。もちろん皐月、NHKの二冠を目指すというのである。これは僕が数日前に妄想していたローテで、ちょっと驚いた。やはり皐月賞の2000mが上限だと、調教師も感じているのだろう。という事はだ。当然、ここはメイチの仕上げだと読みたい。NHKマイルCが控えているとはいえ、さしたるメンツも見当たらない。ゲレイロが今まで闘ってきた相手に比べれば2~3枚も落ちるわけで、ややピーク落ちの状態でも勝ち負けできる算段である。やはり本気は皐月賞。
逆にフサイチホウオーなんかは明らかにダービーを狙ったローテ。共同通信杯からぶっつけで、中山未経験。松国はダービー大好きだし、皐月賞はまあ勝てたら勝とうって感じではないか?もちろんぬるい仕上げだとは言わないが、MAXで仕上げてくるとは思えないのだ。それでも勝ってしまう可能性はあるが、僕は軽視したい。
ココナッツパンチは何故にこんなに人気しているのか。2戦目で重賞連対したことが買われているのか。あるいはその重賞でアドマイヤオーラに迫ったことが買われているのか。弥生賞を見た後は、本番で飛ぶタイプだなぁと思っていただけに、無駄に人気してくれるのは有難いが…。そのアドマイヤオーラだが、前年のアドマイヤムーンっぽいといえばぽい。無難に掲示板は外さないタイプだろうが、最後にひょっこり3着あたりに顔を覗かせるのが武豊。基本的に弥生賞から皐月賞ってローテは好走しないと考えているので、押さえる程度で充分。
怖いのは一気に人気を落としたサンツェッペリン。前走は松岡の乱心で、多分抑えてどうかと色気を持っただけ。駄目だと解った今回は、確実に逃げるはず。実績のある、人気薄の逃げ馬ほど厄介なものはない。人気各馬が互いをけん制しあう中、あれよあれよと逃げ込みを謀るシーンが目に浮かぶ。買おう。
もう一頭評価を急落させているのがニュービギニング。武豊に捨てられて渦中の人、四位に。四位といえば2年前のシックスセンス。言われてみれば、兄貴よりもこの馬に似てなくもない。ちゃっかり3着に突っ込んでくる?うーん、…来ないか。
真ん中枠が微妙なのがドリームジャーニー。鞍上の出遅れ癖、馬の脚質から考えて最後は大外一気狙い。フルゲートでそれをやって届くかどうか。最後の直線で運良く真ん中目が開けば突き抜けてくると思うのだが、蛯名が最後まで外に出さずに我慢できるかどうか。いっそのこと博打で内を突くってのも手だと思う。
アサクサキングス、ナムラマース、フライングアップルあたりは個人的には馬券のボーダーラインにいる。特に飛ぶ林檎などは予想外に人気がない(8番人気)ので、ついつい触手が伸びる。印象としてはスプリングSで快勝したブラックタイドと被るが…。
もう一頭悩ましいのが、前回も取り上げたヴィクトリー。7番人気か。BT産駒で外枠、逃げ馬でサニーブライアンと酷似しているが、サンツェッペリンもいるしなぁ。嗚呼、このままではキリがない。
と言うか分からない。ゲレイロとドリームジャーニーは気持ち的に応援したいので、馬連をガツンと。残りはこの二頭から総流しでもしようかな。ホウオーでも万馬券だし。
スポンサーサイト

Posted on 18:01 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/424-e52284e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。