スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

横綱相撲。  

出走馬の重賞勝ち合わせて26勝。G1並のメンバーが集まった阪神マイラーズCは、初マイルのコンゴウリキシオーが逃げて快勝した。鞍上の藤田は先週のジョリーダンスに続いての重賞勝ち。完全に蘇った。
この勝利に限って言えば、藤田の読み勝ちだろう。思い切って逃げたのは何も馬の脚質だからだけでなく、今の阪神コースの癖を意識してのもの。後ろに控えた馬は全滅で、結局追い込んできこれたのは実績No.1のスイープトウショウだけ。後ろに控えたエアシェイディやアグネスアークは爆死したわけで、完全なる前有利の競馬だった。
それにしてもコンゴウリキシーはこれが初マイルというのが驚きである。父Stravinskyは欧州馬で、ジュライCを勝ち、最優秀スプリンターにも選ばれた馬。そもそも短い所で走る下地はあった。ところがコンゴウリキシオーはデビュー戦を2000mで下ろし、以降1800mを最短距離にしてずっと中距離を走ってきた。それでも重賞を勝ち、そこそこの成績を残してきたのだから馬自身はもしかしたら物凄い強いのかもしれない。
マイルであれだけ強いレースができたことで、当然この次は安田記念が視野に入ってくる。府中経験は東京優駿(11着)が唯一。2400mで参考にはならないが、今日のようなレースが楽にできる保証はない。だが面白い馬がマイル戦線に殴り込みをかけたのは事実だろう。
藤田の動向も気になる。多分今年もアサクサデンエンは出走するはず。藤田が乗って安田記念1勝2着1回を誇る貴重なお手馬で、他に渡すには勿体無い。どうする?どうなる?

今日の好騎乗で、明日皐月賞のローレルゲレイロが人気しそうで怖い。なんか先週も似たようなことを書いた記憶があるが…。
スポンサーサイト

Posted on 16:24 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/423-9184d3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。