スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

テンポイントとオグリキャップ。  

人気の面で競馬に貢献したという事はでは、ひとつのエポックメイキング的な存在だったテンポイントとオグリキャップ。実力もさることながら、それ以上にファンからの愛を受けた2頭だが、テンポイントはレース中の事故で命を落とし、オグリキャップは高額のシンジゲートを組んだももの産駒はまるで振るわなかった。ファンは、さぞやきもきしたことだろう。そこに来て、この2頭の血を受けつぐ、思わぬ馬の話題が持ち上がったのである。

 オグリキャップ産駒が英国セールで売却
 昨年11月20日に行われた英・タタソールズのノベンバーイヤリング(1歳)セールにおいて、
 90年の年度代表馬オグリキャップの産駒が上場。ジェレミー・グローバー氏によって
 1万2500ギニーで取引されていたことが分かった。取引されたのは父オグリキャップ、
 母ワカシラユキ(その父アラジ)という血統の牡の鹿毛馬。
 曾祖母のイチワカはテンポイントの全妹にあたる。母のワカシラユキは9戦0勝という
 成績で04年に繁殖入り。オグリキャップを受胎した状態で愛国に渡り、05年に同馬を
 出産している。よって同馬は愛国産馬として扱われる。

実はこの馬、以前東スポでも1面で紹介されたことがあった。夢の続きがあるというのならば、ディープと良血輸入牝馬との子供ではなく、こうした馬こそ言うのだろう。惜しむらくは、多分日本で走らないということ。父オグリキャップの芦毛でも、テンポイントの栗毛でもなく鹿毛であることか。デビューは来年以降。遠き愛国の地で、古き良き日本競馬がどんな物語を紡ぐのか。楽しみである。
スポンサーサイト

Posted on 11:57 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/342-05140e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。