スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

年度代表馬論。  

年度代表馬が決定した。やはりというか、結局というかディープインパクトが選出された。ただ、昨年のように満票ではなく、2票は別の所に流れた。1票はダイワメジャー、もう1票は該当無しだったそうである。てっきりハーツクライにも入るかと思っていたが、ディープ以外はメジャーへの1票だけだったので少々意外。海外海外と騒いでいた割に、ハーツクライがドバイシーマクラシックを圧勝したことなど、誰も覚えちゃいないということか。結局、年度代表馬選出とは言え、ほとんどが記者による「印象投票」。上半期より下半期に活躍した馬の方に票が流れるのは毎年のことである。どの馬が取ろうが別段意義のあるものだとは思っていないので、構わない。ただ、某紙がこのニュースを紹介する際に、気になる見出しを用いていた。
「ディープインパクト9冠達成!!!」
?と思ったが、どうやら7つのG1+2年連続の年度代表馬を指して「9冠」と評したのである。G1七勝ではルドルフ、オペラオーと同じということで、是が非でもディープを上に置きたかったのだろう。そんなに区別したいのか?とはいえ、ルドルフもG1七勝+2年連続の年度代表馬なので、結局は同じなんですけどね。

他のカテゴリーを見ると、2歳馬は例年通り両G1馬。G1勝ったら自動的に選出されるので、このカテゴリーは論じる意味がない。気になったのは最優秀ダート馬で、ここはJCダートを勝ったアロンダイト。未勝利から一気にG1まで登り詰めた上昇率は認めるが、重賞はそのJCダートのみである。だったら、カネヒキリでも良かったんじゃないか、となる(僕は認めないが)。ではどの馬か。ブルーコンコルドがいるじゃないか。南部杯、JBCマイル、東京大賞典とG1を3勝しているし、G1勝利に重きを置くのなら文句はなかろう。ま、中央G1>地方交流ということだろうが。

毎回、さまざまな議論を巻き起こす年度代表馬選出。いまいち選考が不明確だし、単なる人気投票になっている感も否めない。論じるだけ、虚しくもなってきたのである。
スポンサーサイト

Posted on 01:17 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

ブルーコンコルド、となると川崎記念、柏記念、帝王賞を勝ったアジュディミツオーとほぼ同格。
地方馬にひねられていた、と考えるならば、中央競馬でのダート代表馬は『該当馬無し』が無難だったのかも知れないですね。

URL | Heaven #-
2007/01/11 14:55 | edit

ま、中央では確固たるダートの査定などできないってことでしょうか。二つあるうちの下半期のG1を勝った馬が受賞したんですからねぇ。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2007/01/13 16:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/340-ebd85e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。