スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

漢戦士・フジタマン。  

今年から名前が変わった2歳最後の重賞ラジオNIKKEI杯2歳S(旧ラジオたんぱ杯2歳S)。競馬のラジオ中継といえば「短波」だと思っていたので、不意にラジオNIKKEIと言われてもピンと来ない。しかし、僕がピンと来ようが来るまいがレースはやってくるわけで、今年もクラシックを狙う若駒19頭もエントリーしている。

出走予定馬のシルバーブレイズの騎手が藤田になっていることに驚いた。何が驚いたかといえば、この馬を管理しているのは栗東の松田博氏だからである。かつては主戦といえば藤田だったが、アドマイヤドンの乗り替りがあってから、パッタリと藤田を乗せなくなった。一部ではドンのローテに関して藤田と揉めたとのことだったが、真偽のほどは解らない。ただ、ドンと藤田のコンビを追い続けていた僕にとっては、理不尽とも言える乗り替りにただただショックを受けたわけで。安勝と新コンビを組んだドンの快進撃を、どこか他人事のように見ていたのである。
それからというもの、松田博といえば安勝、というホットラインが目に付くようになった。ところが、である。今度はその安勝と松田博の不仲説が持ち上がった。今回もドンの使い方だか乗り方で揉めたそうで、ドンが引退した辺りから松田博-安勝ラインが消滅したのである。
それが此処に来て藤田に馬を依頼してきた。1戦1勝で未勝利を勝ったばかりの馬だが重賞である。どういう風の吹き回しか。関西を代表する2人の騎手と縁を切ったことで、かつての主戦に復縁を求めてきたのか。
藤田といえば競馬界においても「漢」で有名である。曲がったことが大嫌いで、筋が通らなければ先輩だろうが誰であろうが「No」を言ってきた(とインタビューで答えていた)。かつては一方的(だと思う)にお手馬を降ろされ、一切の関係を絶たれた調教師からの依頼。どのような経緯があったのか気になるところである。
僕が思うようないざこざは実はなくて、別段良好な関係があり、ただ馬の依頼だけなかったのかもしれない。もちろん、ファンとしては藤田が色々な厩舎の馬に乗ってくれることは素直に喜ばしい。ただ、どことなく腑に落ちないだけである。

有馬記念、いまのところ藤田に乗り馬はいない。出走予定馬の中で鞍上が決まっていないのはアドマイヤムーンだけである。そのアドマイヤムーンは松田博の管理馬。まさかの騎乗はあるかどうか。一部では、すでに藤田にオファーが来ているということだが、正式発表はなし。もし藤田が乗るとなると、ムーンを押さえねばならない。ムーンはいらないと思っていただけに、藤田に乗って欲しい反面、乗って欲しくなかったりもする。

それでもやっぱり、乗って欲しい・・・かなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 13:50 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 3

コメント

ムーンは藤田みたいですねぇ。
というかフジ幸四郎って…。購買意欲減。。。

URL | Heaven #-
2006/12/19 16:27 | edit

と思ったんだけど、どうやら藤田は日曜阪神でアドマイヤディーノに乗るって噂もチラホラ・・・。どちらにしろ松田の馬みたいなんだけど、若干振り回されているような気もするなぁ。
ムーンは回避が濃厚って書いてあったす。

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2006/12/19 17:07 | edit

夕刊タブロイド紙情報なので遅かったのかな?出走するもんだとばかり。
てことはムーンは大阪杯あたりで武豊、って事ですか?やれやれ。。。

URL | Heaven #-
2006/12/19 21:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/321-51472a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。