スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

反省しなきゃ2005  

オークスは論外も論外。全くの検討外れで惨敗であった。
予想の前提が「荒れる」で、結果が1~3番人気順で決着では、
俺の出番はあるはずもない(笑)。
いよいよ今週はダービーが控えているのに、このザマでは・・。
ということで、反省と自戒の意味も込めて、オークスの2分28秒8をふり返る。

スタートゲートが開いた途端、いきなり誤算?がやって来た。
逃げると思われていたアスピリン、ブリトン、ピューマが行かず(行けず?)、
なんとハナを切ったのがエイシンテンダー。
スタミナに疑問があっただけに控えると思ったのに行くとは・・・。
予想外のスローになってしまった。
俺の本命ジェダイトは2番手。一瞬逃げかけたんだけどなぁ。
こうなると逃げ候補三頭は用無しである。
シーザリオは思いのほか後方。メサイア、ディアデラよりも後ろである。
「そのまま~!」そんな不謹慎なことを思ったり(笑)
テンダーが行くドスローペースで、レースは淡々と進んでいく。
ほとんど隊列が崩れないまま、運命の4コーナーへ。
一番恐れていた展開、いわゆる「スローの上り勝負」になった。
こうなるとジェダイトは厳しい。
できれば、4コーナーを回ったところで捲って欲しかったなぁぁ。

そして直線の攻防。
まさに神技とも言うべきライディングで、武とメサイアが抜けてきた。
内からスルスルと、縫うようにとはこのことか。
シーザリオは、僚馬ディアデラノビアと外からやってくる。
届くか~~届くのかぁぁ~!!
・・・わずかクビ差を制して、シーザリオが優勝した。
2着の武も「勝ったと思った」という程、完璧な騎乗だっただけに、
純粋にシーザリオが強すぎたということだろう。
3着にはディアデラノビア。
最後はもうヒト伸びあっただけに、もし順調なローテを辿っていれば・・
そんな思いが残った。
4着は逃げて粘ったエイシンテンダー。大健闘だ。
ジェダイトはテンダーを交わすことができずに6着入線。

結果的に決めてが上回ったシーザリオが勝った。
10Rの条件戦で1400mのレコードが出るような異常馬場にも係わらず、
スローで流れたおかげで、オークスは2分28秒8というタイム。
昨年より1秒以上遅い決着である。
人気馬が上位を占めたということはそれだけ紛れがなかったということ。
現時点での力関係は、オークスの結果そのままなんだろうなぁ。

福永はこれで春G1を4勝目。
昨年の安勝を上回るペースで、量産中である。
ダービー(フジ)、安田記念(カンパニー)は無理だろうから(笑)、
これで春は打ち止めだろうけど、秋には秋華賞がある。
今度はラインクラフト、シーザリオのどちらに乗るかが注目だ。
くれぐれも使い分けるなどという甘やかしはしないように。
ファンにしてみれば、力と力のガチンコバトルが見たいのだから。
12night11.jpg
男装の麗人シーザリオが登場するシェイクスピアの「十二夜」
スポンサーサイト

Posted on 11:57 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/30-c75348ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。