スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダンツ凶兆。  

2005年の青葉賞馬で、僕のダービーの本命だったダンツキッチョウが引退した。今後は乗馬になるそうだ。
僕は藤田が乗るってだけで無条件に重い印を打つほどの藤田贔屓だが、そんな藤田が乗ってもあまり本命を打たない馬達がいる。それが山内軍団の馬。藤田といえば山内というほどに蜜月なコンビなのだが、僕はどうしてもあのクレイジーピンクのメンコが好きになれないのだ。勝負服に合わせるならまだしも、どんな服色でも構わずあのピンクというのは、見ていてゲンナリしてしまう。ちなみに、ダンツフレームには一度も本命を打ったことが無い。
そんな中、ダンツキッチョウには本命を打った。それもダービーという大舞台で。この年はいま渦中のディープインパクトが絶対的に存在し、どの馬も“2番手”争いだった。その急先鋒が青葉賞を勝ってきたキッチョウである。藤田は戦前、「これほど手応えを持って挑むダービーは過去にない」と雑誌のインタビューに答えていた。確かに、皐月賞をパスしたことでディープとは未対決。可能性はあった。
しかし、不安がないでもなかった。青葉賞の勝ち方が良くなかったのだ。僕はもっとあっさり、楽勝するものだと思ったが、予想以上に接戦だった。最後はもう、藤田の意地が勝たした感だった。休み明けとは言え、青葉賞のメンツであのレースでは厳しいなぁ、と思ったのである。

ダービーは見るも無惨に散った。13着。レース後、屈腱炎が判明した。復帰を目指して休養したが、結局競馬場に戻ることはなかった。その名のような吉兆は、訪れなかったのだった。
d018.jpg
スポンサーサイト

Posted on 17:29 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

ダンキチにおまけコーナーは有りませんでしたか(わかります???)。


あの年の藤田騎手は金剛力士王と吉兆が有力馬で、日本的な名前に縁有る年でしたね。

浅草田園然り、そういう馬名の馬に合っているのかも…?

URL | Heaven #-
2006/11/17 21:58 | edit

あ、言い遅れましたがブログのURL貼らしていただきました。。。

何か問題がありましたら一報ください。。。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

URL | Heaven #-
2006/11/17 22:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/291-385b072d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。