スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

敗因は放馬。  

ダイワメジャーの快勝で幕を閉じた今年の天皇賞・秋。僕らのすぐ前の集団(若造6人程度)がどうやら三連単を当てたようで、ウイニングランでスタンド前に来たダイワメジャー&安勝に向かって「安藤!安藤!ありがとう安藤!大好き安藤!最高!まじ最高!」と絶叫していた。あまりに騒ぐので、いらいらしてきた僕らは表彰式も見ないで競馬場を後にしたのであります。
さて話は天皇賞・秋の当日に戻ります。いつもより早めに競馬場に向かった僕は、とりあえずPOG馬であるクランエンブレムのレースを観戦。この馬は言わずもがな今年が初年度となるウォーエンブレム産駒。社台がサンデーサイレンスの後釜として、社運を賭けて輸入した米国二冠馬である。ところがこのウォーエンブレム、なんと牝馬をえり好みして、種付けを嫌うというプレイボーイ。小柄な栗毛しか興味を示さず、結局初年度産駒はわずか4頭しか生まれなかった。クランエンブレムは、そんな選ばれし1頭なのである。結果は、武豊騎乗で圧倒的1番人気を背負いながら、逃げた牝馬を捕まえられずに2着。それでも惜敗ならば希望も持てるが、4馬身ほどぶっちぎられての力負け。未来は暗い。
クランエンブレム惨敗に放心しているところに、さらなる追い討ちが。なんと、藤田騎手が放馬による落馬負傷で乗り替わりとなったのである。藤田といえば、天皇賞・秋でアサクサデンエンに乗る予定だった。アサクサデンエンといえば、僕の不動の本命。誰に乗り変わるのかと思ったら、G1百何連敗中のKatsuharu Tanaka。うーん、微妙である。しかし、今更予想を練り直すのもなんだし、意外に持ってくるんじゃないかという淡い期待を抱きつつ、馬券は当初の予定通りに購入。ちなにみ馬券は、アサクサデンエン-スイープトウショウ軸の三連単マルチで相手はカンパニー、トリリオンカット、インティライミ、オースミグラスワン、ダイワメジャーの5頭。どれが来ても撥萬確定である。
この日は珍しく2レースほど当てて、懐はボチボチ。その勢いで天皇賞も当てたいなぁと思い、ゴール板前に陣取る。各馬の入場。パッと見た感じ、ダイワメジャーがよく見えた。スイープトウショウも今年はしっかり返し馬をやっていた(昨年は膠着してしまった)。すると、突然場内が「ウォー!!!!」と沸いた。(何事?)と思っていると、一頭の空馬が猛烈な勢いで僕らの前を走りすぎていったのである。ゼッケンを見ると「6」。嫌な予感でパッと新聞を見ると、案の定僕が穴候補として買ったトリリオンカットであった。なかなか捕らえられず、トリリオンは2週目の全力疾走に入った。「もう駄目だ・・・」僕はつぶやいた。バテたところをやっと捕まり、馬体検査。結局競争除外。アサクサデンエンに続きトリリオンカットまで放馬被害に遭う始末で、レースが始まる前から敗色濃厚である。さらにゲート入りの際にはカンパニーが外枠発走の憂き目にあい、とどめを刺された。呪いか?
レースはインティライミが病的なハイペース(1000m58.9)でぶっ飛ばし、この時点でスローペースに期待していたアサクサデンエンはアウト。逆にダイワメジャーにはもってこいのペースで、実に悠々と2番手を追走。スイープは相変わらず後方待機。直線、満を持して追い出したダイワメジャー。大外に回したスイープは伸びあぐねている。代わりに抜けてきたのは、なんと横典騎乗のスウィフトカレント。完璧に射程距離に捕らえていた。一完歩ずつダイワメジャーに迫るが、ダイワもなかなか並ばせない。スウィフトが詰めると、ダイワが離す。結局そのままゴールして、1着ダイワメジャー、2着横山典弘、3着は最後ちょこちょことやってきたアドマイヤムーン。4着は僕の予想以上に踏ん張ったコスモバルク、5着はスイープトウショウ、6着はダンスインザムード、7着アサクサデンエン・・・14着オースミグラスワン、15着インティライミ、ビリはカンパニーであった。流した穴馬が逆ワンツースリーを決める快挙で、全く持って問題外の天皇賞・秋に終わったのである。予想もここまで外れると悔しくないが、我ながら見事な散りっぷりだった。
全治1ヶ月。競馬、ちょっと休養しようかなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 20:26 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 2

コメント

御存じかも知れませんが、氏が購入されていた馬でもう一頭、オースミグラスワンも検量前に放馬。しておりました。
ディープ不参加とはいえ古馬最高峰レースの一つに数え上げられる天皇賞で…。二着馬スウィフトカレントもゲート入りを嫌うなど少々お行儀の悪さが目立ちましたね…。


あと参考までですが、田中勝春騎手は昨冬川崎競馬場にて全日本二歳優駿を勝っておりまして連敗を止めております。
地方競馬だってG1です(泣笑)。

その勝ち馬グレイスティアラが同じく川崎競馬場の同じコースでJBCMに挑戦です。
一ヵ月休養なんて言わずに、参戦、いかがですか?
日本の地方競馬もいいものですよ!

URL | Heaven #-
2006/10/31 18:30 | edit

Heavenサン
え、オースミグラスワンも放馬っていたんですか・・・(汗)もう駄目駄目でしたね。これで天皇賞に悔いはありませんw

あぁ勝春、勝っていましたね。別に地方だからどうこうという話ではなく、度忘れです。
JBCは二日間なんですよね?マイルの方(11月2日)ならばって明日ですが、そちらならば平気ですがどうでしょう?
連絡ください。
Heavenサン、一人?

URL | タカアキ #iqhSIKS2
2006/11/01 12:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/283-1cd5947a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。