スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本丸に斬り込め!  

スプリンターズSの回顧。
土砂降りの上、水が浮かぶ超不良馬場。荒れそうな悪寒はありましたが、まあ三連単で10万ってことは一応荒れたことになりますわな。せっかくですので、以前に書いた話をネタにスプリンターズSをふり返ってみますわぃ。まず外国馬について。「冷やかしか、必勝か。」ってタイトルで、□外3頭に関して延べたんですが、主戦が来日していない英国二騎に対して、キッチリ外国人ジョッキーを連れ立ってきた香港馬ケープオブグッドホープ。狙うならこの馬だろうと書いたんです。そしたらやはり、荒れた内を鞭の乱れ打ちで3着に突っ込んで来て、10万の立役者になっちゃいました。冷やかしじゃないかなぁと思った英国二騎はいいところなく行方不明。やはり冷やかしでした。
そして「スプリンターズS連覇理論」で議論したお話。マイルまで勝ちきれる馬にスプリンターズS連覇はムリ!という無理難題だったのですが、これも一応当たったのかな?まあ馬場が馬場だし、良ならば…という推測も付き纏いますが。
とまあ負けてしまった馬の話はここらへんにして、逃げて逃げて逃げ切ったカルストンライトオの話を少々。直千専用、スピード一辺倒、平坦巧者などなど云われていましたが、馬場を見方にしたとはいえ4馬身ぶっちぎるとは天晴れです。かく云う僕も、アイビスSDを勝った後は、スプリンターズSではなく香港スプリントに云ったほうが…と思った口でして。ある意味そちらの方が勝負になるんじゃないかなぁと読んでいたのです。そしたらあらまぁ。大西ジョッキーのはにかみながらのインタビューも新鮮でよろしいんではないでしょうか。サニブーの2冠以来のGI勝利。お目出度い。
これで国内スプリントを制したわけですから、胸を張って香港です。お次は無敗のスプリントキング、サイレントウィットネス(まだ引退してないですよね?)の首。香港の英雄ですから、もし獲ったら無事に帰ってこれるか心配ですけど(笑)。過去マイルやカップに比べて明らかに勝負にならなかった香港スプリントですけど、今年は期待が持てそうです。
あ、馬券は狙っていたウインラディウスが4着(またかいっ!)でゴミとなりました。もう厭です。
スポンサーサイト

Posted on 06:00 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/238-32f83286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。