スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

有馬記念を追え Vol.5 彼らは何故勝ったのか?  

なんでも有りとは云わないが、結構無茶な馬が来るのが有馬記念の醍醐味。
有名どころでは、ブービー人気で大本命マックを屠ったダイユウサク(14番人気)。
骨折テイオーを尻目に逃げ切ったメジロパーマー(15番人気)。
1、2着馬の頭文字から「ユメ馬券」とか云われたメジロデュレン(10番人気)。
さすがにちょっと古い感じもするが、まあご愛嬌。優勝こそ逃したものの、一昨年のタップダンス、02年のアメボスの例もある。平場でもローカルでもなく、1年の締めくくりのグランプリに二桁人気馬が絡むんだから、競馬もまだまだ捨てたもんじゃないやねぇ(なんじゃそりゃ)。
なんて回顧だけしてても、馬券は当たりませんから。ここでは上記三頭に何が起こって、どうして勝ってしまったのか?間違っても実力だけじゃねぇんだから、何かあるはず。
そんな途方もない疑問に、勝手に挑んでみたい。なにか激走の糸口が見つかれば、今年の二桁人気想定馬の取捨が見えてくる(かも)。ということで、出口の見えない穴馬探索の始まり始まり(爆)
とりあえず本年の二桁人気想定馬から。
ウインブレイズ   「昨年5着なんすけど…」
グレイトジャーニー 「アニキはGI馬なんすけど…」 
ピサノクウカイ   「前走勝ってるんですけど…」
コイントス     「中山得意なんすけど…」

【格より勢いだ!ダイユウサクの場合】
1991年の初頭、京都金杯。なにげに1番人気で1着。
世紀の一発屋らしからぬ一面をのぞかせている。
しかし、その後はなかなか結果を残せずに、GIはおろかGII、GIIIすら壁に。
金杯の勝利から約11ケ月。
マイルのオープン戦でやっとこさ勝利を挙げる。ちなみに2番人気。まともじゃん。
それから中1週で有馬記念。これ重要(だと今決めた)。
「勝ったイメージ」を覚えている内に大一番を迎えちゃおう精神である。
有馬は格より勢い(笑)。牝馬みたいだなぁ(;´Д`)。
勝つ快感に酔いしれたダイユウサクは走った。
自分の人気の無さなどお構いなしだ。

「重賞1番人気で優勝経験があることから、別に穴馬というわけではない。
適性に疑問符が付くものの、勝って来た勢いを見逃していけない。」


【仏の顔も二度まで!メジロパーマーの場合】
そもそもGI馬が15番人気という時点で異常だろう。9番人気とはいえ、宝塚記念を勝っているんですから。しかも逃げて。次の京都大賞典で2番人気9着。(←ちょっと見直されたも爆死)。天皇賞で早々に見限られ10番人気。期待に応えて17着。ここで多くの人間が思ったことだろう。
「宝塚は展開が嵌っただけ」←ここ重要。
裏を返せば、京都大賞典も天皇賞は展開が嵌らなかっただけなのである。メンバーが替る有馬記念で展開が嵌らないと、誰が断言できようか!そして案の定、ノラリクラリと逃げて二度目の大穴献上。これには有力馬がみな後ろからという不確定な要素が含まれるが、それも含めてレースの展開。メンバー見ればわかること。一度やらかした(大穴を)馬は、再び同じ罪を犯す。これ、競馬の摂理。そんで以降狙っても来てくれず。
パーマーが笑ったのは2度までというオチ。お粗末さまでした。

「展開が嵌ったにしろ、なんにしろGI馬はGI馬。
地力が足りなかろうが、その事実から目を背けてはいけない。」


【そこのけそこのけゾロ目が通る!⇒メジロデュレンの場合】

苦しいなぁと思ったそこのアナタ。もう少しの辛抱ですから(笑)
枠の4-4、1、2着馬の頭文字を繋げて読むと「ユメ」とか云って話題になったこの年。ダービー馬メリーナイスの落馬と天才サクラスターオーの故障の方が有名か?つまり云いたいのは、有馬記念くらい出目買いやこじつけ馬券もありかなぁということ。メジロデュレンは近走こそ不振なれど菊花賞馬。来てもなんら不思議ではない。敗戦に目をつむれば(笑)。それに同枠に入った馬同士の頭文字で「ユメ」なんて、有馬にありがち(無茶苦茶)こじつけりゃ案外当たるかも。その際はゾロ目であることをお忘れなく。

「予想しても導き出せない馬もいる。
そんなときは見えない力に乗っかるのも有馬記念ならではである。」

こんな穴ぼこだらけの理論で申し訳ねぇっす。色々書いてると、今年は二桁、来そうね(根拠も自身もなし)あなたが見つけた二桁人気馬。頭はなくても、2、3着はあるかも?
それでも熱いぞ三連単。みなさん健闘を祈ります。
スポンサーサイト

Posted on 03:16 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/157-a4bbaa60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。