スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大仕事の予感。  

いよいよタップ&哲三騎手コンビがロンシャンへ出発するとのこと。
現役最強馬が世界の凱旋門賞へ挑むってのにイマイチ盛り上がりに欠けているような気がするのは俺だけでしょうか?まあいいや。世紀の一戦ともなれば、馬の状態もさることながら当然騎手にかかるプレッシャーも相当なもんでしょう。エルコンドルパサーで凱旋門賞に挑んだ蛯名騎手も、本番は堅くなったのか腕だけで強引に押している感じだったし。武大明神みたいに毎年のように海外で乗っていれば別なんだろうけど、哲三くんは海外経験あるんでしょか?ちょっと勉強不足で定かではありませんが、あっても経験は多くないはず。となれば当然、JCや宝塚記念で見せたような騎乗ができるのか?が問題。強気な騎乗で、勝ちに行く競馬をする数少ないジョッキーだと思うんですが、ロンシャンの華やかな空気に飲まれないか気になるところでしょう。でも、2年前の有馬記念でも誰もが望んだファインモーションの戴冠式を平気でぶち壊した強心臓の持ち主ですし、タップ自身展開云々に左右されるタイプの馬ではないんで、杞憂に終わることを切に願うわけであります。ぶっつけでレースってのが激しく不安ですが、なんかやらかしてくれそうな雰囲気はありますしね。もし勝ったら、宝塚よろしく、メットやら鞭やらをスタンドに投げ入れて、格式高い凱旋門賞の歴史に名を残していただきたいもんですわ。
スポンサーサイト

Posted on 02:33 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/148-7986dd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。