スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

何だかな。  

有馬記念では北勝ファームと言う中小牧場の、雑草血統のゴールドアクターが優勝して社台グループ一辺倒の昨今の競馬に風穴を開けてくれたわけだが、もう一つの注目レース、ホープフルSではあっさりと社台グループに駆逐された。
二戦二勝の重賞ウィナー、ロードクエストが、あっさりと一戦一勝のディープインパクト産駒ハートレーに敗れた。生産ノーザンファーム、馬主サンデーレーシングの、全身ブランドボーイだ。
朝日杯のリオンディーズと言い、重賞だろうがGIだろうが、巨大なブランドの前には障壁足り得ないのだろうか。
ロードクエストは休み明けに加えて、初めての2000m、初めての右回りであったためにこれで勝負付けが済んだとは言わないが、ネットでは負けたことよりもデムーロを取られた(リオンディーズに)ことの方が痛いらしい。
個人的には仮にここを勝ったとしても、デムーロはリオンディーズを取ったと思っていた。だからこそ、見切りをつけて、ここは日本人ジョッキーを据えて勝負に行って欲しかった。
昨年のダービーを勝ったドゥラメンテの母はアドマイヤグルーヴ。そして現時点でダービーの最有力候補であるリオンディーズの母はシーザリオ。こんな血統の馬じゃなきゃ、ダービーの夢すら見られないのだろうか。
否。競馬はそんなに単純じゃないはずだと信じたい。
無為に輸入しまくった種牡馬たちの逆襲が、そろそろあってもいい頃ではなかろうか、と。
スポンサーサイト

Posted on 00:08 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1403-a3e03ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。