スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

一、二、四、六、十五。  

何だかんだ言ってゴールドシップを軸にできるほど、あの馬を「堅実」と言う意味では信頼していないので、結果的にボックス馬券を買うことにした。当初の予定通り、トーホウジャッカル、ゴールドシップ、デニムアンドルビー、ラブリーデイの四頭にディアデラマドレを加えた五頭の三連複である。
ゴールドシップの出遅れに関しては、想定の範囲内とは言えないが、あっても怒れない自分がいて、結構冷静に見ていた。あの馬の個性と言えば聞こえはいいが、買っている方からは堪らないだろうな。だからの軸外しなのだが。
ラブリーデイが抜け出して、大外からデニムアンドルビーが解き放たれた矢のごとく突っ込んでくる。あの脚、何なんだろうな。いつもでるわけじゃないが、今回は出るような気がしていた。恐らく「レースの質」みたいなものに反応すると思われる。ペースだとかそんな単純なことじゃなく。JCしかり、だ。牡馬混合、敷居が高いと思われるレースこそ本領を発揮すると言うか、反発すると言うか、捻た馬なのだろう。しかし、ペースを無視した待機策を取ったからこその脚だと考えると、この先も勝ちきるのは難しいかもしれない。追い込んで二着。昔の横典みたいだな。恐らく勝つとしたら……全く想定外のレースだろう。ふいなダートとか、追い込むには不向きな有馬記念とかとか。そんな妄言を、一応書き留めておこう。
そんなこんなでラブリーデイとデニムアンドルビーのワンツーはラスト150mくらいで確定した。問題は三着だ。出遅れたゴールドシップは一瞬捲くったがもはややる気は無く、横典も無理はしない。ディアデラマドレも馬群だ。となると残るは一応の本命トーホウジャッカルと言うことになる。いい感じで先行集団に取り付いていた。勝負どころで酒井の鞭が唸った。内からまさかのショウダンパンドラ。交わせ~と念じたが、休み明けが響いたのか、経済コースを通ったショウナンの方が余力があったのか、半馬身が遠く四着。ちなみにディアデラマドレもヌルヌルっと六着。ゴールドシップはブービーの十五着。
買った五頭は一、二、四、六着に滑り込んだことを考えれば、何故に馬連にしなかったのかが悔やまれる。金子丼で万馬券ならば安くないだろうに。
思えば出走していた牝馬五頭の内、人気がない二頭が馬券に絡むとは競馬のオッズは水物だと改めて実感した。そもそも牝馬が中々勝てない宝塚記念でラキシス二番人気、ヌーヴォレコルト三番人気は過剰な人気だったかもしれない。
それにしても、嗚呼、惜しかった。
スポンサーサイト

Posted on 17:25 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1397-6e6ff38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。