スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本ダービー、三日前。  

2015年の日本ダービー、その枠順が確定した。
1、サトノラーゼン、岩田
2、タンタアレグリア、蛯名
3、コメート、嘉藤
4、グァンチャーレ、松岡
5、ダノンメジャー、小牧
6、ポルトドートウィユ、武豊
7、レーヴミストラル、川田
8、ベルラップ、三浦
9、コスモナインボール、柴田大
10、ミュゼエイリアン、横山典
11、サトノクラウン、ルメール
12、アダムスブリッジ、和田
13、リアルスティール、福永
14、ドゥラメンテ、デムーロ
15、ミュゼルスタン、柴田善
16、スピリッツミノル、酒井
17、キタサンブラック、北村宏
18、タガノエスプレッソ、菱田

明日、ダービーに向けて出立。という事で、ダービー前の最後の投稿になる。
予想と言う名の妄言を書き捨てていこうと思う。

18頭の中で、一番応援しているのはコスモナインボールである。
NHKマイルでも勝ったし、朝日杯でも勝った。二歳時とは言え、三連勝は伊達じゃない。実はNHKマイルCでも二番目の脚を使っているし、距離が伸びて、あるいは三着くらいに顔を出してくれないかなと思ったりしている。
ミュゼエイリアンに対する期待は、母父にあったりする。三ヶ月ほど前に書いたが、ダービー馬を輩出している母父にはある種傾向がある。外国馬か輸入種牡馬か、顕彰馬であると言うことだ。今年の18頭の中で顕彰馬を母父に持つのはミュゼエイリアンのみ。エルコンドルパサーである。一応毎日杯を勝っている重賞馬だし。ただ皐月賞からの乗り代わりが気がかりではある。ただ実を言えば、サンデーサイレンスも母父としてダービー馬を輩出したことがなく、今年は皐月賞馬のドゥラメンテただ一頭が母父サンデーサイレンス。うーん、こっちの方が可能性が高そうだ。
唯一逃げると言うことを考えれば、スピリッツミノルも侮れない。末脚が強烈な馬が人気を集めているだけに、もしくはヌルヌル逃げ粘りと言う目もないわけではなかろう。イメージ的にはタニノハローモア。惜しむらくは外枠過ぎるか。
今年、衝撃だった競馬事件はやはり後藤騎手の死と言うことになる。その後藤が唯一その背を知っていると言う意味でキタサンブラックも応援したい。東京で走った3歳500万ではかなり強かった。自在な脚質も魅力。リアルスティールにも京都新聞杯馬サトノラーゼンにも勝っているし。北島三郎が歌うか。
と言うことで、できればこのボックスを買いたい。
7、レーヴミストラル
9、コスモナインボール
10、ミュゼエイリアン
13、リアルスティール
14、ドゥラメンテ
16、スピリッツミノル
17、キタサンブラック
しかし点数が増えるし、何と言ってもダービーである。「ここからっ!」と言う馬券を買いたい。昨年はイスラボニータ→ワンアンドオンリー→マイネルフロストと言う馬券を買って、寸でのところで栄光を掴み損ねた。どこから勝負するべきか。あらゆる可能性に思いを馳せて、ダービーの出走を待ちたい。

それでは、競馬場で逢おう。
スポンサーサイト

Posted on 23:50 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1382-7084b23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。