スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年のダービー馬。  

年が明けた。いよいよクラシックに向けて、競馬界も活気付く。
昨年のダービーは3着の人気薄マイネルフロストときっちり3着付けで買っていながら、1着をイスラボニータ固定で勝負したため、痛恨の敗戦を喫した。今年こそ、何としてもダービーを当てたい、と強く思う次第である。

金杯のTV中継を見ていたら、井崎脩五郎御大が「今年のダービー馬予想」なるものをぶちかましていた。例のごとく冗談めかしたデータを引っ張り出してのご高説で、5月31日開催のダービー(今年も当該日開催)は、馬名の末尾が「ン」か「ス」だと言うのだ。ロジユニヴァース、メリーナイス、ミホノブルボン、カツトップエース……。そして今年指名したのが、アンビシャスであった。スで終わり、途中にンも入っているおまけつきだ。問題は、5月31日開催以外のダービーでもスやンの馬が勝っているので、結局はまあ、と言う話なのだが。
ともあれ、恐らく、すでに我々ファンはダービー馬を知っている。その走りを見ているはずである。
当たり前だが、近10年を見るとダービー馬は全て2歳時にデビューしている。くわえて、2歳時点で2勝以上している。当てはまらないのは三冠馬オルフェーヴルと異端児ディープスカイ。10頭中2頭となると結構な例外になってしまうので何とも言い難いが、まあ恐らくは現時点で2勝している馬と見ていいだろう。その意味では井崎御大の指名したアンビシャスも候補である。
しかし、2勝以上だけではまだまだ精査しきれない。もう少し掘り下げてみる。
相変わらず猛威を振るっているディープインパクト産駒。昨年の二歳GIは牡馬牝馬共にディープ産駒だから嫌になる。無論、現時点の三歳牡馬でもっとも稼いでいるのは朝日杯王者のダノンプラチナ。真っ当に考えればこの馬がダービーにもっとも近いということになるわけだが、それでは書く意味が無い。ディープ産駒を候補に挙げるにしても、もう少し穿った馬を挙げたい。
注目すべきは、ダービー馬の生産者である。近三年、天下のノーザンファームがダービーから遠ざかっている。ノースヒルズに昨年一昨年と連覇され、三年前のディープブリランテは馬主こそサンデーレーシングだが、生産はパカパカファームである。つまり、ディープインパクトを繋養するノーザンファームの生産馬としてはダービーを勝てていない。この状況に、鬼のノーザンファームが黙っているわけがない、と思ったりするわけだ。そろそろ、勝たねばならぬ、と。
現時点におけるノーザンファーム生産のディープインパクト産駒の上位陣は……
シャイニングレイ
アヴニールマルシェ
ポルトドートウィユ
グリュイエール
サトノラーゼン
アドマイヤスター
リアルスティール
アンタラジー
レッドライジェル
アドマイヤスカイ
以下続く
はっきり言って、パッとしない。
まずシャイニングレイは馬主がキャロットである。近年有力馬を多数送り出してきている一口馬主ではあるが、まだダービーを勝つのは早い。
アヴニールマルシェはクラシック鬼門の藤沢和厩舎。いかにもダービーを狙ったローテーションを組んでいるが、結局獲れないっぽい。
ポルトドートウィユは、婆さんがエアグルーヴという、まるでゲームの様な配合だが、逆にそれがネック。あまりにでき過ぎている気がしないでもない。
とまあ粗を探せばきりがないわけで。シャイニングレイなんか、叔父のブラックシェルはダービー2着で涙を飲んだ馬。勝てばドラマチックこの上ない。アヴニールも藤沢の悲願でもあるし、ポルトドートウィユはもうファンが大好物の超良血なわけで。
という事で、まだまだ未知数ではあるが、出たらリアルスティール辺りを候補に挙げておこう。

その他に面白そうなのは……
タケルラムセス
カカドゥ
の2頭を挙げておこう。ダービー出たら、忘れないようにしよう。

リアルスティール
タケルラムセス
カカドゥ

それでは本年度もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Posted on 01:05 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1358-d8d1d4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。