スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

POG2014-2015。  

ダービーが終わったと思ったら、もう新馬戦。落ち着く暇もない。
兼ねてから2014-15シーズンのPOG候補馬を検討してきたが、結局のところ、ギリギリまで悩むはめになった。今まで注目すらしていなかった馬をリストに入れたり、勢いで登録したり。例年のことだが、かなり博打感満載のラインナップになった。
そもそも、仲間内でやっているPOGゲームにはドラフトなどない。意味がないからだ。いわゆるPOG本などで紹介されているような馬は基本選ばないので馬が被ることがない。その代わり、独自のルールを設けている。
1.新種牡馬の産駒を入れる
2.○外を入れる
3.著名馬の弟妹を入れる
4.社台系列で固めない
6.ディープインパクト産駒は2頭まで
5.牡馬牝馬は半分ずつ(10頭制なので5頭ずつ)
と言う大雑把な感じである。そんなわけで、今シーズン選んだ10頭はこれである。

■牡馬
サンライズセンス(父グラスワンダー、母レミニセンス、母父サンデーサイレンス)
[馬主:松岡隆雄、生産:社台ファーム、厩舎:未定]
どうしてもグラスワンダー産駒で当てたい。そう思って幾星霜。いまだにクラシックを賑わす様な産駒は引いたことがない。やめればいいのにやめられない。そして今年もグラスワンダー産駒を選んでしまった。
しかし、これは過去走ったグラスワンダー産駒の要素を全て持っている。まず社台系、母父SS、トニービンの血を内包。これで走らなければ……、もう諦めるっっ!

ワールドリースター(父アドマイヤドン、母ワールドリープレジャー、母父Devil His Due)
[馬主:サンデーレーシング、生産:社台白老ファーム、厩舎:栗東・松田博]
韓国に行ってしまったアドマイヤドンの、実質最後の産駒である。しかし、とんでもない産駒を遺していった。何と言っても、兄貴は米GIを勝ちまくったGame on Dude。何がどうなってこの母にアドマイヤドンが交配されたのかは全く持って謎だが、これだけの繁殖相手ならば、ドンの評価も覆るかもしれない。
できればかつてドンの主戦だった藤田に乗ってもらいたいが、厩舎と馬主を考えるとそれはないだろうな。

アグスタ(父ゼンノロブロイ、母ソニンク、母父Machiavellian)
[馬主:寺田寿男、生産:ノーザンファーム、厩舎:美浦・田村]
ハーツクライ産駆がダービーを勝った。僕は、ダービー2着馬の産駒はダービーを勝てないと言う持論を持っていたが、ついに崩されてしまった。ということで、ゼンノロブロイで産駒を選んでみた。実はこの馬、かなり昔に指名した馬(モンローブロンド)の弟。過去のPOG馬の下が走ると言う不名誉なジンクスを授かっている僕としては、期するものがないでもない。
兄貴にノーザンリバー。17着だったがダービーにも出走している。現在はもっぱらダートで活躍中。

ショウボート(父ハービンジャー、母フォルクローレ、母父ダンスインザダーク)
[馬主:馬場幸雄、生産:ノーザンファーム、厩舎:美浦・田村]
新種牡馬枠のハービンジャー。当初はダンスインザムードとの仔、フローレスダンサーにしようと思ったが、騒がれすぎている感がありすぎて敬遠。松田博厩舎は今年ハープスターがいたし、2年連続でそんな化物揃うか?と言う穿った見方をしてしまった。
んで結局この馬が急浮上した。馬主は今年アジアエキスプレスとバンドワゴンを持った馬場幸夫氏。結局クラシックは無冠に終わってしまった。この馬でリベンジして欲しい。

ブラックバスター(父ブラックタイド、母ファーストサイト、母父メジロライアン)
[馬主:杉山忠国、生産:明治牧場、厩舎:美浦・高柳]
最後の最後まで悩んだラスト一枠。他にも色々候補はいたのだが、この中学生みたいなネーミングに惹かれた。と言うのは半分で、実はブラックタイド産駒。2年連続ダービーに産駒を送り込んでいる。昨年のテイエムイナズマと、今年波乱を巻き起こしたマイネルフロストである。繁殖の質を考えれば、これはとんでもない成果だろう。人気にもならないし。
こういう馬が走ってきたら、ペーパーオーナー冥利に尽きるのだが。

■牝馬
シウダニーニャ(父Leroidesanimaux、母Starinthemeadow、母父Meadowlake)
[馬主:一村哲也、生産:米国、厩舎:栗東・森]
全く分からない。ただ父の産駒にはケンタッキーダービーとドバイWCを制したアニマルキングダムがいる。もうそれだけで選んだと言っても過言ではない。最近影が薄い森厩舎だが、忘れた頃に一発あるかもしれない、と言う期待を込めて。あと勝負服(黒、水色蛇目散、黒袖)が格好良かった。

メモリーズオブロニーの2012(父オレハマッテルゼ、母メモリーズオブロニー、母父Storm Cat)
[馬主:K.C.タン、生産:駿河牧場、厩舎:未定]
昨年爆発した母父Storm Catだから。ほぼその一点である。シンガポール三冠馬の馬主であるK.C.タン氏のお眼鏡に叶ったと思えば、まんざらでもないだろう。オレマチ産駒は牝馬の方が走っている印象があるし、案外桜花賞辺りで穴を開けてくれたりしないだろうか。情報もないし、馬名も未決定なのが不安と言えば不安。

サザナミ(父ディープインパクト、母クーデンビーチ、母父パントレセレブル)
[馬主:グリーンファーム、生産:社台ファーム、厩舎:美浦・堀]
頭を悩ましたディープインパクト枠は、結局この馬にした。母父パントレセレブルが珍しいからだ。あと、今年辺り、グリーンファームが爆発しないかなぁと言う、淡い期待を持ったりしている。
ちなみに他に迷ったディープ産駒は、母ワシントンシティのペブルガーデンとアーヴェイの2012。この2頭の方が走ったら、見る目がないなと罵ってもらうしかない。

ウインマハロ(父マツリダゴッホ、母イクスキューズ、母父ボストンハーバー)
[馬主:ウイン、生産:コスモビューファーム、厩舎:美浦・斎藤]
スズカマンボ、スズカフェニックスに続け。そんな願いと込めて地味系SSのマツリダゴッホ産駒。とは言え、母イクスキューズは重賞ウィナーで、桜花賞5着。結構良血である。ウインはあまり牝馬というイメージがないが、それをあえて裏切っていきたい。管理するのはオークスで鬼のハープスター退治をやってのけた斎藤師。勢いはあるはず。

ターキーの2012(父ダイワメジャー、母ターキー、母父Sinnder)
[馬主:青山洋一、生産:下河辺牧場、厩舎:美浦・矢野]
兄のフォーナインキングを持っていた。過去のジンクスから行くと、妹である当馬は桜花賞馬になれるはず。ハーツクライでも駄目。ディープインパクトで今一歩。ダイワメジャーはその2頭に比べれると種牡馬成績は落ちるが、嵌る可能性がないわけではない。
調教の動きは上々らしいし、もしかしたら一発あるかもしれない。

2013-2014シーズンは散々な結果に終わった。さて、新シーズンはどうだろうか。一頭ぐらいはダービーまで駒を進めて欲しいものでる。
スポンサーサイト

Posted on 16:15 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1338-41b0b2a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。