スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

不死鳥は二度飛ぶ。  

昨年のNHKマイルCは燃えた。何せ、本命がマイネルホウオウだったからだ。突き抜けた時はTVの前だが叫んだ。が、二着のインパルスヒーローが抜けたので馬券は外れた。フラムドグロワールもレッドアリオンも持っていたのに……。悔やまれる一戦だった。
さて、何故マイネルホウオウに本命を打ったのか。これはレース直前に決まった話ではない。拙ブログではマイネルホウオウは「ダービー馬」候補ですらあったのだ。そんな馬がメンバー落ち必至のNHKマイルCに出て10番人気ならば買わない手はなかった。問題は何故マイネルホウオウがダービー馬候補に至ったか、と言うことである。それは以前の記事を参照いただくとする。
とは言え無論、戦績だけ見てしまうと買いづらい馬ではあった。OP勝ちこそあったが、重賞では9着、8着、3着、7着と敗戦続き。別段東京が得意と言うわけではないし、血統面から見ても父はスプリンターのスズカフェニックス。東京マイルが良いとは思えない。しかし、NHKマイルCを勝った。
この馬、デビュー戦が1800mで、どうやら中距離路線を目指して鍛えられたことが伺える。その後も1800m戦を中心に使われ、時々マイルを走る。ひいらぎ賞、ジュニアCと連勝しているので、本質はマイラーかもしれなかった。しかし強気にスプリングSを使ってきた。そして3着。皐月賞には向かわずにニュージーランドTに進むが、人気を裏切って7着。そしてNHKマイルCでは10番人気と評価を落としていた。ここが盲点。
そもそも府中のマイル戦はスプリンター寄りの馬より、中距離向きの馬の方が走ると言うのが持論。過去NHKマイルC優勝馬でレースまでに1600m以下しか走ったことのない馬は実は少ない。カレンブラックヒル、グランプリボス、ピンクカメオ、シンボリインディの4頭しかいない。残りの14頭は1601m以上の何らかのレースへの出走経験があった。
無論、今年1番人気になるであろうミッキーアイルと非常に似たタイプ、戦跡のカレンブラックヒルが勝っていることを考えると押し切られる可能性は捨てきれないが……。
さてメンバーの中で中距離経験馬は以下の通り。
ウインフェニックス
キングズオブザサン
クリスマス
サトノルパン
ショウナンワダチ
ピークトラム
リーサルウェポン
ロサギタンティア
ワードイズボンド
ちょっと多い。さらに勝ったことのある馬に絞る。
ウインフェニックス
キングズオブザサン
ロサギガンティア
の3頭。ミッキーアイルが楽に逃げ切ってしまう展開にならなければ、勝つのはこの3頭の中のどれかだろう。昨年に続いてスズカフェニックス産駒のウインフェニックスを狙うってのも面白いかもしれない。ウインと言えば、ウインクリューガーでも前科あるし。
スポンサーサイト

Posted on 22:47 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1317-42f27daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。