スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イスラボニータの可能性。  

共同通信杯からのぶっつけと言うローテーションを嫌って軽視してしまったが、イスラボニータは強かった。伊達に唯一の重賞二勝馬ではなかった。
昨年の今頃、漠然と「来年のPOGはフジキセキ産駒が熱い」と思っていた。だからフジキセキ産駒を重点的に精査したが、どうにもこうにもピンと来る馬がいなかった。その時、覚えてはいないが、絶対にイスラボニータもチェックしたはずである。しかし、母父がCozzeneと言うことで距離への懸念を抱き、華麗にスルーしたのだろう。しかし、蓋を開けてみれば皐月賞まで上り詰めてしまった。本当に自分の見る目のなさに辟易してしまう限りだ。
皐月賞を勝ったことで、当然ダービーへの機運も高まる。蛯名にとっても過去最高のビッグチャンスだろう。そこで懲りずにイスラボニータのダービーの可能性を検討する。
例年のことだが、ダービーに出走するほとんどの馬にとって府中の2400mは未知のレースになる。溜めて溜めてのレースが増えて距離不安なんてものは有名無実化しつつあるが、それでも血統を否定しては競馬ではない。フジキセキ産駒が熱いと思っていた昨年の自分に唾を吐くような行為になるが、イスラボニータのダービーにおける血統不安を検証する。
まず、フジキセキ産駒のダービーにおける成績は以下の通り。
タマモベストプレイ…8着
メイケイペガスター…11着
ブライトライン…17着
サダムパテック…7着
エーシンジャッカル…16着
サブジェクト…14着
ゴールデンダリア…6着
ドリームパスポート…3着
ヴンダー…15着
マイネルマクロス…16着
ダイタクリーヴァ…12着
抜けがあるかもしれないが、多分こんな感じ。11頭出走して、馬券になったのは2006年のドリームパスポートの3着のみ。中には2番人気のサダムパテックやダイタクリーヴァもいるので、かなり結果が出ていないことになる。
さらに推し進めて、フジキセキ産駒の距離別成績を見る。
~1400m(勝率10.13%、複勝率27.30%)
1401~1800m(勝率8.89%、複勝率26.45%)
1801~2200%(勝率8.13%、複勝率24.8%)
2201~2600m(勝率6.58%、複勝率23.25%)
2601m~(勝率0%、複勝率21.42%)
見事なまでに、距離が伸びるごとに勝率、複勝率共に下降している。ちなみに他の種牡馬の2201~2600mの勝率は…
ハーツクライ…13.75%
ディープインパクト…14.06%
ネオユニヴァース…8.09%
キングカメハメハ…11.67%
ステイゴールド…11.26%
ゼンノロブロイ…12.82
となっている。ディープやハーツの半分の勝率しかないと言うのは、いささか心もとない。
では、唯一馬券になったドリームパスポートのように母父の血で補完できるだろうか。イスラボニータの母父はCozzeneである。僕がイスラボニータを敬遠した原因である。こちらもやはり距離が伸びるごとに勝率は下がる。2201~2600mに限ればわずか5.71%でしかない。補完どころか、下手をすれば足を引っ張りかねない。

しかし、イスラボニータは他のフジキセキ産駒とは違う点がある。それは皐月賞を勝ちきったと言うことだ。産駒初のクラシックウィナーである。ダイタクリーヴァもサダムパテックも皐月賞で敗れ、ダービーでさらに着順を落とした。同列に語ったら、イスラボニータに申し訳ない。
ただ、問題はイスラボニータと言うよりも、他の馬の逆襲だろう。ハーツクライ、ディープインパクト両産駒は距離が伸びてアホみたいに爆発してくる可能性がある。仮にイスラボニータが皐月賞でのパフォーマンスをダービーでできたとしても、そのパフォーマンス幅を凌駕してしまう馬がいても不思議ではない。
個人的にはシャドウダンサーに何とかダービーに出走してもらいたい。戦線離脱したバンドワゴンの分まで、ホワイトマズル産駒として頑張って欲しいのである。
スポンサーサイト

Posted on 22:42 [edit]

category: 競馬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keibajihen.blog10.fc2.com/tb.php/1311-9cf333be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去記事

リンク

アクセスカウンター

私の本棚


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。